医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ

とうえいブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

...最後のJAKツアーの講演が決まりました…。

昨年11月から奈良県エリア⇒本年3月に大阪市エリア⇒4月7日に北大阪エリア⇒4月24日に南大阪エリアと今回最後のJAKツアーの講演に行って参ります<(_ _)>。



急速に処方数が増加しておりますJAK阻害剤…中でも強力に効果を発揮するウパダシチニブについて25例の使用経験も含めて有効性 安全性についてお話しする予定です<(_ _)>。

2021-04-20 21:50:29

コメント(0)

折りたたむ

...康一郎先生の部屋にお招きいただき講演して参りました!

大阪刀根山医療センターの髙樋康一郎先生からJAK阻害剤についての講演のオファーを頂き『徹子の部屋』ならぬ『康一郎先生の部屋』にお招きいただきました(^ ^)/
  
会場内は感染予防が徹底されており、人数も制限されておりました。参加人数の少ない会かと思われましたが、オンデマンド配信され15名近い先生方に聴講頂けたそうです。ありがとうございました<(_ _)>
  
当院の多剤耐性の難治性関節リウマチ患者さんに絶大に効果を有するウパダシチニブ高齢で高活動関節リウマチ患者さんにも少量を早期導入にて著効した例を最新の文献を含めてお話して参りました。講演の詳細な内容を掲載したいのですが…外来多忙の為、時間に余裕が出ましたら掲載致します<(_ _)>。

2021-04-14 21:16:42

コメント(0)

折りたたむ

...2021年4月の生物学製剤・JAK阻害剤の使用状況

当院に於いて202143日の時点で通院中の関節リウマチ患者さん511名中、現在175名の方に生物学製剤 JAK阻害剤を投与しております。


低コスト(2021年4月の薬価改正で更に安価に)のETN-BS54例と最多で関節注射との併用にて通常の半量か4分の1量(3割負担で月9270円~4640円)で著効し関節エコー寛解を持続しております。新規JAK阻害剤としてウパダシチニブが登場し、当院の多剤耐性難治性関節リウマチ患者様に絶大な効果を発揮しバリシチニブと共に薬剤の耐性が出来難く叉安全面も確保されつつあります。

現在JAK阻害剤の総処方数が40と増加傾向にあり、昨年11月末に発売された新薬フィルゴチニブも含めてJAK阻害剤の処方例が今後更に増えそうです。高活動性の関節リウマチ患者様の転医が最近は多く見られる事から即効性のIL-6受容体製剤サリルマブを積極的に導入し、又新しい低コストのバイオシミラー製剤 アダリムマブBSが本年2月15日に発売され現在6例使用しております。

*ETN-BS=エタネルセプトバイオシミラー® TCZトシリズマブ=アクテムラ® Upaウパダシチニブ=リンヴォック® SAR サリルマブ=ケブザラ® Bariバリシチニブ=オルミエント® ABTアバタセプト=オレンシア® ADAアダリムマブ=ヒュミラ® A-BS=アダリムマブバイオシミラー® ETNエタネルセプト=エンブレル®  GLMゴリムマブ=シンポニー® CZPセリトリツマブ・ペゴル=シムジア® Pefiペフィシチニブ=スマイラフ®  Filgoフィルゴチニブ=ジセレカ®  Tofaトファシチニブ=ゼルヤンツ®  IFXインフリキシマブ=レミケード®*

2021-04-09 12:07:00

コメント(0)

折りたたむ

...関節エコー件数が9000件、関節局注療法数が1800関節を超えました!

2021年4月に関節エコー件数が9000件を超え、関節局注療法数が1800関節を超えました。

20136月に関節エコーを導入して以降20214月の時点でエコー検査数は9,143件に至り20187月からはノート型とステーション型の関節エコー2台体制で特化したリウマチ専門診療を行っております。

患者様の痛みの軽減と関節破壊予防から最近注目されているトリアムシノロンのエコーガイド下関節内注射療法を1,800関節以上施行しリウマチ医療の一環として積極的に行っております。

難易度の高い関節に対しても局所療法が可能であり、生物学製剤との同時併用にて激的に治療効果が得られる事も多く見られますhttp://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/530)。

骨破壊、関節破壊が進行する可能性の高い関節に対しては早期に診断された段階で関節内注射にて治療を優先すべきとの文献の報告が多数あり、関節リウマチ診療の本元欧州リウマチ学会も関節注射を強く推奨していますhttp://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/695

2021-04-07 17:57:00

コメント(0)

折りたたむ

...3月22日からリウマチ専門外来の予約枠が増設されました!

平成29年1月に『リウマチ科』をさらに特化し『リウマチ指導医 リウマチ専門医による専門外来(予約制)』を開設致しました。5年が経過し現在500名以上関節リウマチ患者様定期通院をして頂いておりますが、初診患者様の予約診療枠がかなり不足し御迷惑をお掛けしている状況です。

 

よって3月22日(月)から午前一般診察の受付時間を12時までとさせて頂き、リウマチ専門外来の予約診察を午後1時~に繰り上げて現在の3枠初診2枠を含めて『30分診療枠』として1日6枠水曜 土曜は除くまで増設する事となりました。もちろん午前一般診察(9時~12時)、午後一般診察(16時~19時)に於きましても これまで通り内科 リウマチ科 骨粗鬆症診療を行って参ります。
 
令和SNS時代になりますと殆どクリニックがWEB予約の状況ではありますが、当院では現在も昭和アナログ式の電話予約となっております(-_-;)。患者様 皆様には大変御面倒をお掛け致しますが、当院受付まで直接06-6329-0276まで御電話を頂き御希望の予約日を取って頂ければ幸いです。今後も更なる発展した『リウマチ専門外来』を通して皆様のお役立て出来ます様 スタッフ一同尽力して参ります<(_ _)>。

2021年に入り多くの患者様が当院へ転医を御希望され御来院頂いております。可能でありましたら前医からの紹介状をご持参頂ければ幸いです。紹介状が無い場合は『お薬手帳検査結果のコピー』の御持参の程よろしくお願い致します。

2021-04-03 11:04:00

コメント(0)

折りたたむ

...4月7日(木)にリウマチ研究会にて講演が決定しました。

3月から立て続けでありますが、大阪刀根山医療センターリウマチ科の髙樋康一郎先生からJAK関連の講演のオファーを頂きましたので来週水曜に講演して参ります。
 
今回の題目が『-関節リウマチ診療に於けるJAK町医者最前線-』とややチョケた演題名でありますが、当町医者に多く来院される多剤耐性リウマチ患者様合併症を有した高リスク患者様に対する治療、副作用の対応法等についてお話しして参ります<(_ _)>。

2021-04-02 14:29:00

コメント(0)

折りたたむ

...サクラ満開

令和3年3月は平成28年に院長に就任して以来、コロナ禍にもかかわらず最も来院数が多い月となりました。最終31日は比較的空いており時間内に外来は終了。書類作成や学会、講演会のスライドの準備もありましたが…
 
平日のお昼に滅多に外に出ない…出れないので(^^;)、近くの公園に満開のサクラを見に行きました(^O^)/
 
ずーっと咲いていて欲しいところですが、週末は3週連続の雨の様で、一気に散ってしまうと思うと寂しい限りです(T_T)。

2021-04-01 11:11:23

コメント(0)

折りたたむ

...令和3年度の学術活動更新致しました。

昨年はコロナ禍の為、学会発表や講演会は自粛しておりましたが、令和3年度以降はWEB研究会を中心に小規模ながら講演活動を行っております。今年度は3月までに4つ程行い、4月も第65回日本リウマチ学会も含めて3つ程講演発表の予定です。(http://www.touei-clinic.jp/original47.html
 
日常診療だけ没頭しておりますと新しい知識が入って来ませんし、患者様に安心で安全な医療を提供する為には臨床経験も当然ながら学術的な知識の獲得も必須です。講演発表を行う最大の理由は、発表をする度に様々な最新の文献を通して知識を得現在の診療と照らし合わせる事で当院の診療レベルの向上に繋がるとの考えからです。とは言え…発表の準備もそれなり大変であります(-_-;)。

2021-03-31 08:23:01

コメント(0)

折りたたむ

...第65回日本リウマチ学会総会・学術集会にて当院の演題が採用されました。

来月神戸で現地とオンデマンドのハイブリッド形式で開催されます第65回日本リウマチ学会総会・学術集会にて当院の演題が採用されました!最先端を行く関節リウマチ治療の中心的存在となりますJAK阻害剤についてWEB発表して参ります。
 
超多忙(-_-;)な外来診療の合間を縫って何とかスライドを作成中です。昨年と異なりオンデマンド配信用発表データ事前登録の〆切が来月の4月8日との事でまだ余裕があり(^^;)助かります。

2021-03-26 17:43:00

コメント(0)

折りたたむ

...早くも本年10月8日開催の日本骨粗鬆症学会の演題登録が開始…

まだ半年以上も先なのに、もう10月開催の日本骨粗鬆症学会の演題募集が開始となり〆切日が4月8日(T_T)。ネタ切れ状態では決してありませんが(^^;)、超多忙な外来診療の合間に骨密度や採血検査等のデータの抽出や統計解析業務がかなり負担となり…



しかし骨粗鬆症学会認定医としては日々研鑽を積まないと…(-_-;)。今年は骨粗鬆症診療領域における啓蒙的な症例報告を検討致します<(_ _)>。

2021-03-22 10:38:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5