医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ

とうえいブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

...当院のコロナウイルス感染対策を更に緊急的に強化しました!

この記事は当院通院中の掛かりつけ患者様 専用ページです。
6月、7月に多くの患者様に御来院頂きましたが 一方で全国的にコロナウイルス感染者数が急激に増加しており、当院の院内感染対策の強化とPCR検査の安全性と精度の向上に緊急的に取り組みます!
 

コロナウイルス感染者の増加によりPCR検査の需要が高まり、検査が受ける事が出来ない検査難民(-_-;)急増している様です。当院に現在通院中の掛かり付け患者様限定でありますが、早期に負担の無いPCR唾液検査(保険適応)を行って頂く様尽力しております。院内感染対策の強化として、ゾーニング診療の継続計測誤差の少ない 最新式の顔認証体温測定器を導入しました。

体温が正常な方は、マスクを必ず着用して頂き(マスクの無い方は入室を御断りする事があります) 両手の消毒の上(受付に消毒液を設置)待合でお待ち頂きます。待合が混雑する場合は3密にならない様、待合場所を分散致します。顔認証検温機で異常体温が検出された場合は裏口の受付へ回って頂き、問診の上 レッドゾーンイエローゾーン診察室へ振り分けを行います(*来院前発熱症状がある方は、事前に当院PCR専用ダイヤルに御連絡ください)。



PCR検査(現在通院中の掛かり付け患者様限定も身体的負担の強い鼻咽頭ぬぐい検体は廃止し、簡便な唾液検体採取を行っております。院内感染予防の観点から可能な限り接触を避ける為、(PCR専用ダイヤルで相談の上)自宅か自家用車内で唾液検体を採取して頂きます。問題点としましては唾液検体は鼻咽頭検体と比較して…


陽性率が平均で7~15%も低下してしまい、発症9日以降ですと唾液中のウイルスは完全に消失してしまいます。これを解消すべく鼻咽頭検体の陽性率と変わらず、且つ最も陽性率の高発症後2日~4日を狙って検体を採取しPCR検査センターへ搬出します。採取時期を逃しPCR検査が偽陰性の状態家庭内職場内院内に感染が広がらない様尽力致します!

2020-08-03 08:17:00

コメント(0)

折りたたむ

...第64回日本リウマチ学会総会 学術集会にてWEB発表が決まりました!

コロナウイルス感染症の影響で講演や研究会 学会発表等の学術活動が完全停止しておりましたが、本年2月から半年ぶりに学術活動再開として第64回日本リウマチ学会総会 学術集会にてWEB発表が決まりました(^_^)/
 
通常は発表データを当日直接学会会場に持ち込みをしますが、今回は史上初?のWEB発表の為 スライドを作成後にPCを用いて登録サイトからデータを変換すればWEBで閲覧可能なサイトに登録できるとの事。ちゃんと出来るかチョイと心配(-_-メ)しておりましたが、意外と簡単に一発で登録できました(^_^;)。



無事登録メールも送信され一安心であります。コロナ対策でイッパイいっぱいでありますが、発表を機会に原点回帰でしっかりリウマチ学の勉強をして参ります<(_ _)>。
 

2020-08-01 13:21:00

コメント(0)

折りたたむ

...第20回日本抗加齢医学会もWEB開催となりました。

本年6月に朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターにて開催予定でありました第20回日本抗加齢医学会もWEB講演プラス一部東京開催となりました。WEB発表東京会場での発表か選択可能な様ですが、どう考えてもコロナウイルス感染症大流行下で東京への移動は困難な為 WEB発表を選択しました。

 
昨年10月神戸にて開催されました第21回日本骨粗鬆症学会にて発表しました当院ロモソズマブ投与13例に骨吸収マーカー 骨形成マーカーの推移ビスフォスフォネート製剤の既往の有無に因ってロモソズマブ投与後の骨密度の増加に変化が生じるかついて追加検討した内容で発表して参ります<(_ _)>

2020-07-30 07:55:00

コメント(0)

折りたたむ

...大阪のコロナウイルス感染症数が最多更新…連休は自宅で巣籠り(-_-メ)

かなりの勢いでコロナウイルス感染者数が増加しており、個人的にはGO TOキャンペーンどころではなく、感染しない様 雨降りの合間にランする以外連休中は自宅の狭い書斎に籠りきり(-_-;)です。今月末で登録〆切の第64回日本リウマチ学会総会 学術総会のスライド作成と考察に必要な文献の検索を行い、7月25日(土曜)は通常通り午前診察を行いました。朝からかなりの大雨で今日は暇かと思い…
 

学会スライドの内職も行うとつもりでしたが…『今日は天気が悪いから空いているだろう。』と思った患者さんが沢山来院されメチャ混み状態に(◎_◎;)、待合室が3密にならない様バタバタ動き回り、重症多発関節炎の他院から転医の初診患者さんも含めて約40名来院。外来終了は午後3時前でした(-_-;)。2連休後ではありますが、当院のPCRダイヤルに連絡は無く一方で大阪府の感染者が最大の132名(T_T)。
 
そそくさと自宅に戻り、有志の骨粗鬆症専門医の先生方+骨粗鬆症マネージャーにて隔週で開催されるセミクローズの『骨粗鬆症WEBセミナー』に参加。終了後は学会スライドの作成を引き続き行い 当院で多用しております抗IL-6受容体製剤(アクテムラ® ケブザラ®)の治療効果の指標の一つとされるMMP3値についての文献を入手し今回のリウマチ学会の考察の資料として採用しました。(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28940139/)←名古屋医療センターの服部陽介先生が執筆された論文です。
 
治療を受けた1321人の関節リウマチ患者血清MMP-3値と厳しい寛解基準とされるSDAI寛解、日常生活が問題無く過ごせるかの指標となりますHAQ-DI及び臨床的寛解+機能障害無の到達率との関連を分析しところMMP-3正常化と有意に相関DAS28-CRP<2.3に達しているリウマチ患者807人に於いても、MMP-3 正常群と異常群との比較では、SDAI HAQ 臨床的寛解+関節機能障害無の到達率が正常群に有意に高かったと報告していました。従来のCRPや赤沈だけの評価だけではなく、深い寛解の一つの条件としてMMP3値をしっかり下げる事が重要と言えそうです。

2020-07-27 00:01:00

コメント(0)

折りたたむ

...7月20日時点での当院の生物学製剤とJAK阻害剤の使用状況

2020年7月に於きまして定期通院されております関節リウマチ患者様が418名まで増加し、病状に合わせて7月20日の時点で127例に生物学製剤 JAK阻害剤を使用しております。
 
(*ETN-BSエタネルセプトバイオシミラー  JAK-inhibitor バリシチニブ/ウパダシチニブ/ペフィシチニブ=オルミエント®12例/リンヴォック®6例/スマイラフ®2例 TCZ トシリズマブ=アクテムラ®  SAR サリルマブ=ケブザラ®  ADA アダリムマブ=ヒュミラ®  ABT アバタセプト=オレンシア®  GLM ゴリムマブ=シンポニー®  ETN エタネルセプト=エンブレル® CZP セリトリツマブ・ペゴル=シムジア®  IFX インフリキシマブ=レミケード®*)

やはり低コストのETN-BSが最多で関節注射との併用にて通常の半量か4分の1(一般的な生物学製剤のコストの3分の16分の1の費用)で著効関節エコー寛解持続しております。又新規JAK阻害剤としてウパダシチニブが登場し、当院の多剤耐性の難治性関節リウマチ患者様に絶大な効果(◎_◎;)を発揮しておりhttp://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/669)、今後処方例が更に増えそうです。

2020-07-23 17:56:00

コメント(0)

折りたたむ

...大阪もコロナウイルス感染者急増中。

東京では連日300人近い新規コロナウイルス感染者が発生しており、大阪も人数は2ケタですが89人とかなり多くの感染者が発生(◎_◎;)2日連続80人を超えています(-_-;)
 
東京大学先端科学技術研究センター名誉教授児玉龍彦先生の報告からは新型コロナウイルスの遺伝情報を調べた結果、第1波は「中国・武漢型」、第2波は「イタリア・アメリカ型」、そして現在は「東京型・埼玉型」で従来の流行したタイプとはゲノム配列が全く異なるとの事
 
(詳細⇒https://news.yahoo.co.jp/articles/5b638e47911998ff3e911cdd86736bd8f2601f59
東京の中に今エピセンター(震源地)が形成されつつある。総力をあげて止めないとミラノ ニューヨークの二の舞になる』と警告していま(-_-メ)。大変な事にならない様祈るばかりです。

2020-07-19 19:49:15

コメント(0)

折りたたむ

...夏期休診のお知らせ

2020年の夏期休診ですが、8月13日(木曜)~8月16日(日曜)の4日間 (コロナ禍もあり何処も行きませんが(-_-;)夏期休診とさせて頂きます。

8月12日(水曜)は通常通り診療(午前診察のみ)、8月17日(月曜)から午前診 予約診 午後診と通常通り 診療致します。患者様 皆様には御面倒 御迷惑をお掛けしますが御協力の程よろしくお願いいたします<(_ _)>。休み中はリウマチ治療薬の全例調査の登録票作成とWEB学会のスライド作成の時間に充てさせて頂きます<(_ _)>。

2020-07-16 00:08:00

コメント(0)

折りたたむ

...大阪コロナウイルス感染警戒域の『黄色信号』が点灯!

非常事態宣言解除後、大阪府はコロナウイルス感染発症者は低く抑えられて来ましたが、人の出入りが多くなってきますと…本日休日ながら大阪府内の感染者数が32名(-_-メ)とかなり多くなっております。警戒域とされる黄色信号の基準となります新規陽性者における感染経路不明者の平均前週増加比が警戒域の2を超え2.16となり…
 
新規陽性者における感染経路不明者数が警戒域の10人を超え13.29人(◎_◎;)となり黄色信号が点灯!1週間の陽性者が142名と徐々に増加しており今後は相当な注意が必要と言えそうです。明日からもゾーニング診療を徹底院内感染予防を更に強化して参ります!

2020-07-12 18:11:26

コメント(0)

折りたたむ

...関節エコー件数が6月末にて7000件を超えました!

5月15日に関節エコー件数が6500件を超えましたが、約1か月半で早くも7000件超えしました。宣伝広告費など全くかけておりませんが、当院ホームページを閲覧頂いた多くの方に御出で頂きました。御来院頂きました患者様に連日関節エコーを施行しましたところ…

1か月半で500件以上関節エコーを行い、2020年の上半期で関節エコー件数が7000件を超しました。関節エコーの役割としましてはまず重要なのが超早期での関節リウマチの診断です。レントゲンや触診では解らない微細な炎症性変化を関節エコーが探知し早期の診断と早期治療介入に役立ちます。
 
次に重要なのが関節リウマチ治療後の病状評価です。痛みが無く血液検査が正常でも関節破壊が進行(◎_◎;)することは稀ではなく、関節エコーによる迅速な治療効果の検証と共に残存関節炎に対してトリアムシノロンアセトニドの局所注射を行い速やかに関節の腫脹 疼痛 可動域制限の改善と骨破壊の予防に導きます。3番目に重要なのが関節炎の鑑別です。関節炎なのか、腱鞘炎 腱炎 滑膜炎 滑液包炎 付着部炎 腱周囲炎 皮下蜂窩織炎等の炎症の病態の鑑別から…
 
指節間関節に対してトリアムシノロンの局注を行い即刻改善     他院で関節リウマチの診断が関節エコーで変形性指関節症

関節リウマチなのか変形性関節症、乾癬性関節炎 反応関節炎 発作性関節炎 痛風性関節炎 結晶沈着性関節炎 ベーチェット病由来関節炎 RS3PE症候群 リウマチ性多発筋痛症などの様々な疾患の鑑別を可能な限り行います。
http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/514
http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/171
http://www.touei-clinic.jp/original26.html

 
セカンドオピニオンを求め遠方から多数 ご来院頂いており、多くの患者様に『自分の病状の理解が大変深まりました。』『リウマチでは無くてとても安心しました!』と大変喜んで(^^;)いただいております。しかし関節エコーは決して絶対的 万能的な検査ツールでは無く 又まだまだ私のスキルも発展途上ではありますが少しでも皆様のお役に立てます様 今後も技術と知識と経験を更に磨いて参ります<(_ _)>。

2020-07-09 00:14:00

コメント(0)

折りたたむ

...第35回日本臨床リウマチ学会演題登録が間もなく〆きりとなりますが…

2016年第31回日本臨床リウマチ学会から毎年当院から演題登録を行い採択いただき、口演発表をして参りました。
第31回発表⇒ http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/175
第32回発表⇒ http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/311
第33回発表⇒ http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/472
第34回発表⇒ http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/625

今年も第35回日本臨床リウマチ学会富山県にて開催予定で、まもなく演題登録期間が終了となっておりますが…
 

毎年11月から12月の冬季に開催されますが、この時期にコロナウイルス第2波が襲来する事を懸念しておりましたが…現状のペースで感染者数が増加しますと早ければ8月に第2波が襲来する可能性が高いとされ(◎_◎;)、当院の感染予防の継続と冬季インフルエンザ対応+コロナPCR検査の両立を考慮します(-_-メ)と…今回は泣く泣く(T_T)演題登録を見送る事に致しました(;_;)/~~~。

来年こそは平穏無事に参加 発表できます様に<(_ _)>。

2020-07-05 09:12:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5