医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
関節リウマチ外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による4つのポイントを重視した関節リウマチの 専門診療を行っております。

 

土曜午前9:00-午後3:00関節
リウマチ専門外来のご案内
平日お忙しい患者様を対象とした関節リウマチに特化しました土曜専門外来です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連

講演・学会発表関連

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

...リンヴォックライブセミナーにて講演して参りました。

東京都リウマチ専門の実地医先生方を対象としましたセミナーが急遽開催が決定し発表して参りました。当初は聴講頂ける先生が20名程度とお聴きしておりましたが、会が始まりますと40名以上(◎_◎;)の先生方に御聴講頂きました<(_ _)>
  
関節リウマチ治療の変遷として、2003年まではメトトレキサートを含めた抗リウマチ薬+ステロイド 消炎鎮痛剤が関節リウマチ治療の主体であり2000年の時点では寛解率は1割程度(◎_◎;)でありましたが、2003年初の分子標的治療薬 インフリキシマブ(レミケード®)が登場して以降 関節リウマチの寛解率が一気に向上しました。
  
その後 数々の生物学製剤が登場し平成末期に初の経口分子標的治療薬JAK阻害剤 トファシチニブ(ゼルヤンツ®)が登場 令和2年に待望のJAK1選択剤のウパダシチニブ(リンヴォック®)が登場寛解+低疾患活動者が80%超えました。しかし未だ20%の方が中活動性以上の状況にあり最近においては難治性関節リウマチD2TRAにこれらの患者さんが含まれている可能性についてお話しました。
  
関節リウマチに対する治療薬もこの20年間でステロイドの処方が減少生物学製剤は増加傾向にあるもJAK阻害剤は大学病院でも全体の2%程度であり単一のサイトカインを抑止しても治療効果が得られないD2TRAに病態に対して様々なサイトカインを抑止可能なJAK阻害剤が有用である可能性について最新の文献を交えて御話しました。
   
また最近の知見ではD2TRAの原因としてリウマチ因子(リウマチIgM抗体)の高力価がリスク因子として挙げられており、その原因として抗体製剤の末端のFC領域にリウマチ因子が結合標的部位へ移行を阻止⇒効果が減弱する可能性についてお話しました。一方でJAK阻害剤は生物学製剤の300分の1の分子量で当然FC領域を有さない事から…
   
リウマチ因子に捕捉される事なく標的部位に速やかに結合し迅速な効果が得られる事も御話しました。もう一つのD2TRAのリスク因子として肺病変が挙げられ、日本人のRA患者集団で胸部CT評価にて約10%にILD(間質性肺炎)が見られ、高齢 喫煙 ACPA高値 男性 RAコントロール不良者がリスク因子であった事、RAの寛解または低疾患活動性の達成は関節機能予後のみならずRA-ILDの急性増悪予防の観点から重要であるとの最新の文献も紹介ししました。
   
ではどの薬剤がRA-ILD(間質性肺炎合併関節リウマチ)の病態に有効で安全なのだろうか??本年5月大規模臨床調査が行われ各生物学製剤+JAK阻害剤(トファシチニブ)との間質性肺炎の発症を比較したところJAK阻害剤が最も低かった事が報告されました。以前から機序は不明であるがRA-ILDでは特発性肺線維症に比して病変局所にJAK-STAT経路の発現亢進が認められた事からこれをJAK阻害剤が選択的に抑制間質性肺炎の発症の減少に繋がった可能性を御話しました。
   
トファシチニブはJAK3選択制薬剤であり、最新の知見ではJAK3ではなくJAK2‐STAT3パスウェイが間質性肺炎の発症に繋がる可能性が報告されており、健常者と比較して肺線維症患者ではJAK2 STAT3が肺組織内に強く発現。動物実験でも強い肺線維症を引き起こすブレオマイシンを投与したところ肺組織内は強い線維化を起こし、組織内もJAK2 STAT3だらけになるも…
   
JAK2-STAT3を抑制する薬剤をブレオマイシンに混ぜてマウスに摂取させたところ、ブレオマイシン非投与マウス変わらない程 肺組織は線維化せずJAK2-STAT3も殆ど発現しなかった事も報告しました。またイタリアの関節リウマチ専門の医療機関においてRA-ILDに対してJAK阻害剤を投与されている患者において多くが肺病変(CT画像 肺拡散能 努力肺活量)は 悪化せず経過した事を報告。
   
本文献はJAK2選択制の高いバリシチニブ投与患者が最も多く、間質性肺炎発症率も低い結果となるも、本研究においては、フィルゴチニブやウパダシチニブサンプルが少なく又 追跡期間が短い事、各患者のRAの活動性の調整が行えていない事は問題であるがJAK阻害剤がILD合併RA患者にとって安全な治療選択肢で、ILDの病態の実質的な安定化と肺機能の悪化を防ぐ可能性があることが示唆され今後は大規模な長期的コホートスタディが必要とされると結論づけていたとお話しました。
   
3剤以上の生物学製剤の効果が得られない病態をVERY D2TRAと提唱されており、このVD2TRA患者の滑膜組織において免疫担当細胞以上に滑膜線維芽細胞のシグネチャー(DKK3 CD90)が高発現しており、この滑膜線維芽細胞を標的とした治療薬の開発がVD2TRA治療の鍵となる可能性について世界最高峰の医学論文であるNature Medicineに掲載された事を報告。
  
VD2TRA患者滑膜線維芽細胞表面分子としてJAK1が発現されており、JAK阻害剤がD2TRAに対し有効性が示された一因である可能性を説いた東京女子医大の保田晋助先生著の文献も紹介。『まとめ』として様々な権威ある医学誌に加えて信頼度の高い多くのRCTにおいてもJAKiの中でウパダシチニブが最も有効性が高いとの報告(+長期安全性可能性の報告も含め)とD2TRAにおいてリウマチ因子に捕捉されない滑膜線維芽細胞のJAK1の発現RA-ILDに対する安全性の可能性からD2TRA患者に対し早期にウパダシチニブ導入を考慮したいとし50分キッカリで講演は終了しました<(_ _)>

2023-11-24 03:45:00

コメント(0)

折りたたむ

...第15回関西関節エコーエキスパートサミットにて参加発表の為…

第15回 関西関節エコーエキスパートサミットにて参加 発表の為 12月9日(土)関節リウマチ専門外来の受付時間が午後12時までとなります。


度々『土曜 関節リウマチ専門外来』が時短診療となり患者様皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますがご理解とご協力の程 何卒の宜しくお願い致します<(_ _)>

2023-11-19 05:34:00

コメント(0)

折りたたむ

...第38回日本臨床リウマチ学会に今週末行って参ります。

第38回 日本臨床リウマチ学会 開催地の小倉 北九州国際会議場に今週末行って参ります<(_ _)>

発表日時が11月18日(土)の午後2時の為 当日は全日休診となります。めいイッパイ『最新の臨床リウマチ学』を修得して参りますのでご理解とご協力の程何卒によろしくお願いいたします<(_ _)>

2023-11-12 18:07:00

コメント(0)

折りたたむ

...第68回日本リウマチ学会総会・学術集会の演題登録が何とか間に合いました

来年の2024年4月神戸コンベンションセンターで開催されます第68回日本リウマチ学会総会・学術集会の演題登録が始まり早1カ月半が経過(-_-;)...
 
演題登録の延長一切無しの〆切10月26日厳守(◎_◎;)であり、昨日学会から『〆切まであと9日』のメールが届き(-_-メ)…本日10月18日(水)は当院休診日の為 狭い書斎に1日閉じ籠り...

何とか誤字脱字 文章を修正の上 演題登録が終了しました(^ ^;)。今回の学会会場が神戸で3日間の開催であり足繁に通いたい所ですが、木曜金曜土曜と当院の休診日と重ならず1日だけの参加になりそうです(T_T)

2023-10-21 14:50:00

コメント(0)

折りたたむ

...9月27日開催のメーカー様の社内教育講演会での講演して参りました。

9月27日(水)開催のメーカー様の社内教育講演会にて講演を行って参りました。強力なIL-6製剤を販売されておられますA〇〇様が関節注射の有用性に大きく御賛同下さり<(_ _)>、様々な関節局注療法の研究会を開催して頂いております<(_ _)>
 
今回は同メーカー様の学術担当様向けに関節注射の有用性についての講演のオファーを頂きましたので喜んでお引き受け致しました<(_ _)>。大阪府外の同社の学術担当様も御参加下さり、担当されておられます基幹病院や大学病院のリウマチ内科の若手の先生方が関節注射に大変興味を持って頂いてるとの事をお聴きし張り切って(^^;)?WEB講演を行いました。
   
関節リウマチにおける薬物治療は生物学製剤JAK阻害剤の登場にて寛解率は劇的に向上しましたが、治療効果が得られるまでの痛みや生活機能の改善の為の手法として、又分子標的治療薬をもっても残存する関節滑膜炎や腱鞘滑膜炎に対する関節注射の有用性を最新の文献も含めてお話して参りました。
  
当院の多くの関節リウマチ患者様に喜んで頂いております低コスト効果抜群関節注射の手技手法をA○○様を通して総合病院や大病院のリウマチ内科の先生方に普及して頂く様 お願いし無事『関節注射独演会』は終了致しました。A〇〇様、この様な講演の機会を頂きました事を心より感謝申し上げます<(_ _)>

2023-10-14 23:46:00

コメント(0)

折りたたむ

...学会の開催は半年以上先なのですが…

第68回日本リウマチ学会総会・学術集会の開催が2024年4月18日と半年以上も先なのですが...

もう既に一般演題の登録が始まっており(-_-;)診療の合間に何とかして…10月中旬までには抄録を作成しなければ…電子カルテを導入してから患者さんの病状経過がかなり分かり易くなり例年と比べて発表準備の負担は減りそうです(^^;)

2023-10-09 00:05:00

コメント(0)

折りたたむ

...11月18日(土)は第38回日本臨床リウマチ学会にて口演発表の為…

11月18日(土)は北九州国際会議場で開催されます第38回日本臨床リウマチ学会にて口演発表の為 当日は終日休診となります。
 
当院が関節リウマチ患者様に『心をこめて』行っております関節注射の有効性とその手技について口演発表して参ります。また最新の臨床リウマチ学をしっかり学んで参りますのでご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます<(_ _)>

2023-10-01 14:21:00

コメント(0)

折りたたむ

...JAK阻害剤関連の関節リウマチ研究会にて講演して参りました。

9月6日開催のJAK阻害剤Small Seminar 2023にて講演して参りました。
  
様々な関節リウマチ研究会の講演や日本リウマチ学会の発表にてJAK阻害剤ウパダシチニブ(リンヴォック®)の有用性について御話して参りましたが、今回はJAK阻害剤全て共通の課題となっております帯状疱疹ヘルペスの合併とその発症リスク因子発症時の対応につきまして最新の大規模臨床試験の結果も含めて御話して参りました。
  
5396名のウパダシチニブ服用群15mg群3209例 30㎎群1204例)とメトトレキサート(MTX)服用群314例 生物学製剤アダリムマブ+MTX 579例群を比較しますと、ウパダシチニブ30㎎群を除いては重症感染症 日和見感染症 活動性結核において有意差無でしたが、帯状疱疹ヘルペス感染症に関してはウパダシチニブ30㎎本邦では上限15㎎)群が圧倒的に多く次いでウパダシチニブ15㎎群で多く見られました。
  
帯状疱疹ヘルペス(HZ)感染症の重症化を含めたリスク因子としてメタ解析の結果、65歳以上の高齢者 日本人を含む東アジア人に加え最大リスク因子は過去の帯状疱疹の感染既往と報告されました。JAK阻害剤(トファシチニブ)服用者に対するHZ弱毒生ワクチン効果は限定的であり現在の2価ワクチン(不活化ワクチン)の効果に期待したいと結論付けられていました。HZ感染症のその他の予防対策として…
  
日本人のみのウパダシチニブ用量別試験では臨床的寛解率84週時点本邦で投与可能な15㎎群と7.5㎎群では同等であり(m-TSSは15㎎群が有意に上回る結果)HZ感染症合併は7.5㎎群が少ない傾向(当院の自験例と同様の結果)から高齢者においてウパダシチニブ15㎎にて3カ月治療し寛解到達後に7.5㎎に減量する対策を提案。またJAK阻害剤投与中にHZ感染症を発症した場合に同剤を休薬するか?継続するか?についての最新の論文を紹介。
  
HZの感染部位が限定される場合は抗ウイルス剤併用の上(継続しても休薬してもHZの治癒期間は同等でありJAK阻害剤中断に由る関節破壊の進行のリスクが上回る事から)原則JAK阻害剤は併用とし、眼病変他の神経領域(聴覚神経や中枢神経等)の合併時は即刻且つ永続的中止する事が重要であると御話しディスカッションパートへと移行しました<(_ _)>

2023-09-20 17:46:00

コメント(0)

折りたたむ

...8月30日開催の関節リウマチ研究会にて座長を務めて参りました。

8月30日(水)開催の関節リウマチ関連の研究会で座長を務めて参りました(赤矢印がわたくしです(^^;))。御高名な北播磨総合医療センター三崎健太先生淀川キリスト教病院リウマチセンター安野翔平先生バリシチニブの有効性も含めて御講演賜りました。


最近の関節リウマチ診療の課題とされている難治性関節リウマチ(D2TRA)について三崎健太先生からは『診断や治療の遅れ、経口ステロイドの漫然投与等医師の努力不足が産んだ負の産物』とのお言葉が胸に突き刺さった感じでした。講演終了後のディスカッションパートでは御参加頂いた先生方にも活発な御討論を頂き大変実のある会となりました<(_ _)>

2023-09-11 00:36:00

コメント(0)

折りたたむ

...11月8日に東京の実地医の先生方へのライブセミナーが決まりました!

11月8日(水)に東京のリウマチ科の実地医の先生方向けのインターネットライブセミナーが決定しました!

第68回日本リウマチ学会総会・学術集会の演題登録の〆切何とかギリギリ(◎_◎;)間に合ったところですが、早くも次の講演スライド作成に追われる(-_-;)状況であります。
  
今回は講演時間約50分とかなり長いので、総決算としてウパダシチニブの有効性と安全性最新の文献も含めてお話して参ります<(_ _)>。 

2023-09-04 08:07:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5