医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
関節リウマチ外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による4つのポイントを重視した関節リウマチの 専門診療を行っております。

 

土曜午前9:00-午後3:00関節
リウマチ専門外来のご案内
平日お忙しい患者様を対象とした関節リウマチに特化しました土曜専門外来です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連

講演・学会発表関連

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

...第68回日本リウマチ学会総会・学術集会ワークショップにて口演発表して参りました。

4月18日(木)は当院を終日休診とし第68回日本リウマチ学会総会・学術集会にて参加 口演発表して参りました。町医者でありながら2年連続上位演題(ワークショップ)に採用頂きました。今回は地元の神戸国際会議場 神戸ポートピアホテル 神戸国際展示場の3会場にて開催。
  
日本各地からの多くのリウマチ専門医の先生方が参加される大変大きな学会でありますが、会場が広すぎて(-_-;)あっちこっち移動が大変でありました。参加登録を済ませた後に後に神戸国際展示場にて開催の朝イチセッションの教育講演『適切な手術介入 薬物治療と手術治療を引き出す』を聴講した後に口演発表の会場であります神戸国際会館1階の第12会場に移動。
  
中を覗きますと…めちゃめちゃ会場が広い(◎_◎;)、コンサートホール?状態で本来であれば御高名な先生が講演されるシンポジウム会場かと思われる程広く チョイと緊張致(-_-;)しましたが…この様な大きな会場での発表は滅多に無い事から今回はとても幸運であり大変有難く思いながら発表の順番を待ちました。
  
座長の藤田医科大学 リウマチ膠原病内科 教授の安岡 秀剛 先生から御紹介を頂き『当院の高疾患活動性 関節リウマチ患者41例に対するサリルマブ投与52週の有用性と安全性の臨床的検討』について報告致しました。
  
Sarilumabケブザラ)は完全ヒト型抗体膜結合と可溶性のIL-6受容体の両方に結合する受容体製剤で従来の同製剤に比して早期の至適濃度への達成とIL-6受容体抗体の親和性が高い可能性から早期に効果発現が期待されています。当院の高疾患活動性高齢腎障害 間質性肺炎 MTX関連リンパ増殖性疾患の既往等でメトトレキサートMTX)が使用できない、悪性腫瘍を有する患者さんが多く含まれており…
  
通常の抗リウマチ薬MTX非併用では効果が減弱する可能性があるTNF阻害剤では高疾患活動性の制御が困難である症例が多数を占めるもサリルマブが著効し速やかにADLが改善した症例を報告いたしました。次に頻度は低いながら関節リウマチ診療において大敵である『MTX関連リンパ増殖性疾患』にて他院から転医された症例も報告。MTX休薬後に高疾患活動性に至り・・・
  
生物学製剤を含めた免疫抑制療法にてリンパ腫の悪性化が懸念されるもサリルマブ投与にてリンパ腫(LPD)は逆に縮小異常血流も消失した事も報告。高疾患活動性患者41例に対しサリルマブ52週時点でのCDAI 2.8以下(深い寛解)の達成率63%(26例/41例)、CDAI 10以下(低疾患活動性)達成率78%(32例/41例)、中断率22%(9例/41例)であった事を報告。関節破壊に加えて全身の骨粗鬆症を来たす滑膜線維芽細胞から放出されるMMP3サリルマブ投与にて短期間で劇的に低下した症例が多く占め…
  
52週の時点での悪性腫瘍LPD再発全く見られず重篤な合併症も無軽度肺炎1例薬疹1例に留まり効果不十分に由り中断が7例であった事を報告。その他の解析結果として生物学製剤naive群において有意な治療継続率の上昇が見られ、一方で悪性腫瘍 LPD既往群においては非既往群と継続率は同等であり MTX併用群と非併用群の継続率も同等であったと報告。文献的考察として最新論文を引用しサリルマブ投与下ではMTX非併用と併用に有意差なく効果が見られる事、日本人単独のサリルマブの文献においても治療の忍容性は良好であり中間解析でも新たな有害事象は認められず
  
注目すべき事は悪性腫瘍が全く観察されず『生物学的製剤やJAK阻害剤にて治療されたRA患者において特定のがんのリスクが増加する可能性を考えるとこれは大変心強いことである』と論評されている事も報告致しました。 サリルマブの長期安全性を記した臨床調査でもサリルマブ単独での発がん率7年間で0.5%と極めて低く、IL-6製剤LPDの原因の一つとされるEBウイルス量を大幅に減少させLPDの悪性化が見られ無かった報告から当院の高疾患活動性リウマチ患者41例中11例を占める悪性腫瘍とLPD既往者に再発が見られなかったと考察
  
本調査で52週の時点で70%以上と高い継続率可逆的で軽微な肺炎と薬疹に留まった事からサリルマブの有用性と安全性が示唆されたと報告し受け持ち時間ピッタリで終了しました<(_ _)>。質疑応答にて肝障害症例にIL-6製剤を使用するリスク⇒肝庇護作用を有するIL-6を抑止する事でより増悪するのでは?と御質問を頂きIL-6と関連の無いTNF製剤でも肝障害の報告が7%もあり、IL-6製剤が必ず肝障害を来たす分けでは無く本症例ではサリルマブ投与にて増悪が見られず、肝機能の改善の理由としてこれまでの経口薬を全て中止サリルマブ投与にてADLが急激に回復し十分な運動療法も可能となり脂肪肝の病状が改善した事が推察されるとお答えいたしました。
  
座長の安岡秀剛先生からサリルマブの適応患者像について御質問頂き、IL-6高値と連動するCRP値が高IL-6 dominantの病態が推察される大関節罹患 高齢者 MTX投与不可患者が好適応であるとお答え致しました。講演終了後はランチョンセミナーで美味しい御弁当を頂き⇒ポスターセッション閲覧⇒シンポジウム『膠原病合併妊娠』⇒Meet The Expert『全身性リウマチ疾患における抗核抗体のUp-To-Date』⇒イブニングセミナー『関節リウマチ診療のこれからの課題と提案』とめいイッパイ聴講し帰路につきました。

2024-05-13 00:19:00

コメント(0)

折りたたむ

...Next Generation Seminarにて講演して参りました。

3月15日(金)開催若手の新進気鋭のリウマチ専門医の先生方が中心のNext Generation Seminarにて講演して参りました。
  
当院にて最も力をいれております関節エコーを用いたPre-Clinical RA(関節リウマチ発症前段階)の診断と治療について、特に手指と足趾の関節リウマチの先行病変を中心にお話して参りました。
  
関節リウマチの発症前に付け根の関節の伸筋腱の腱炎屈筋腱の腱鞘滑膜炎から背側骨間筋炎 足趾滑液包炎等の関節外から発症すると報告多数あり、一方で腱鞘滑膜炎足趾の滑液包炎顕著な機能障害身体的および社会経済的負担を引き起こす為治療が必要とされるも科学的根拠が備わった治療指針が確立されていない事を御話しました。
  
2022年に権威ある論分Lancetに掲載された大変有名な『関節リウマチの先行病変大量のメトトレキサートを1年間予防内服し関節リウマチへの進行抑止』を調査したTREAT EARLIER試験においては進行抑制効果証明されなかったとの報告と腱鞘滑膜炎に対する治療としてトリアムシノロンアセトニドの局注療法は一時的な対症療法として有効である可能性があるも…
  
『感染リスクが高く処置後の感染にて外科的な開放手術の危険を高める』との論調に対し、当院では4800例近く関節内注射 腱鞘内注射 足趾滑液包炎に対する局注療法を施行するも10年間で1例の感染例や外科処置例が無く、短期間で患者様のQOLの向上し一時的ではなく長期間効果が持続している方が多数おられる事も報告しました。昨年11月開催の日本臨床リウマチ学会では殆どが関節エコーをされない先生方に対しての口演発表であった為 驚く程無反応(-_-;)でありましたが…
   
今回は新進気鋭若手のソノグラファー専門医の先生方に御聴講頂いた為 トリアムシノロンアセトニド局注療法に対し予想以上の大きな反響を頂き 当院の『極秘関節局注マニュアル』を惜しみなく御提供いたしました。会の終了後はコロナ明けの久々の情報交換会があり様々な医療機関リウマチ専門医の先生方と意見を交わす事ができ大変有意義な会でありました。主催頂きましたメーカー様には深く深く感謝申し上げます<(_ _)>

2024-05-06 01:29:00

コメント(0)

折りたたむ

...3月9日富山県に出張講演をして参りました(後編)。

10年目を迎えました『当院の関節注射の今後の展望と課題患者さんの心の声から ケブザラ+局注併用療法まで~』の講演の後半は患者さんの心の声として当院で2023年6月~8月の間に行った『トリアムシノロンアセトニドの関節内注射 腱鞘内注射に対するアンケート』の解析結果を報告いたしました。 
 
完全無記名10項目のアンケートにお答え頂きました。111名の方に御回答を頂き 内訳として性別は女性 バイオ製剤使用 年齢40~50歳代、治療歴10年以上の方が多く見られました。
 
各質問項目選択肢を5つに分けてその中からチョイス頂き、その他自由意見としてコメントがございましたら記載いただく様お願いしました。
 
Q1として『関節注射の効果はいかがでしたか?』に対し大変満足と満足が99%を占めておりました(◎_◎;)予想外の満足度99%は大変驚きましたが、多くの患者さんに満足頂いている事が解り、大変嬉しい(^O^)/限りでありました。
 
Q2では『関節注射後 日常生活は改善しましたか?』に対し大きく改善した+改善した併せてこちらも99%を占めておりました(◎_◎;)。Q3:『関節注射後の他の関節の病状はいかがしたか?』に対し大変良くなった+良くなったが80%を占め…
 
Q4『関節注射を機会に関節リウマチの全体の病状は改善しましたか?大変良くなった+良くなったが85%に至り、Q5『関節注射の適応がある場合はもう一度注射を希望されますか?』に対し是非希望+希望が93%に至りました。希望されない方が3名程おられその理由として効果が無かった方が2名 注射時の痛みが強かった方が1名でありました。『効果無』の方は何れも罹患歴10年以上から既存の変形+新規の炎症の合併関節炎に対し局注行い新規の炎症の痛みが改善しても既存の変形に由る痛みが残存し改善しなかった可能性が推察されました。
 
Q7『痛みを伴う関節炎が出現し 血液検査が正常な場合の治療は何を希望されますか?』に対し関節注射希望がほぼ90%に至り、抗リウマチ薬の増量経口ステロイド副作用が勝る可能性から関節注射を希望されることが多いと推察されました。Q8『痛みの無い関節炎でも変形のリスクが高い場合(PD強陽性)の治療は何を希望されますか?』 に対し関節注射希望は67%にとどまり(早期関節リウマチ⇒発症2年以内ではメトトレキサート+関節注射群vs生物学製剤導入群と同様の関節破壊抑止効果が得られた報告有)、治療強化希望の方が28%を占めました。
 
当院にて2015年から行っております、神戸克明先生考案のK-Method療法 Q9『生物学製剤使用中の方で 生物学製剤と関節注射の同時治療について』大変効果あり+効果ありが90%を占めており、更に年齢別罹患年数別に解析しますと…。
 
年齢層関節リウマチの罹病期間に関係なく『大きく改善+改善』が80%前後に見られ、やはりK-Methodの有効性が『患者さんの心の声』からも示唆されました。最後の質問のQ10『関節注射を他の関節リウマチ患者さんに勧めたいですか?』に対し是非勧めたい+勧めたいが94%と大変高い結果となりました。 
 
自由意見として『関節注射のまでの待ち時間が長い』 可逆的であっても『皮膚白斑や脂肪萎縮が心配』の意見を頂きました。また『痛みから解放され感謝』『仕事を辞めずに済んでよかった』等の御意見に加え、予想以上に『関節注射が出来る病院と医師がもっと増えて欲しい』という意見が数多く見られ、聴講頂いている先生方に関節注射を頑張って行っていただく様お願い致しました。
  
また当院にて高疾患活動性関節リウマチの患者様に対し多数投与しております、IL-6製剤のケブザラの最新の文献も紹介。本邦の大規模臨床試験において治療効果の持続的な安定性に加えて悪性腫瘍の合併が全く見られ無かったという安全性が報告されており、またメトトレキサート(MTX)併用 非併用でも治療効果は変わらず
  
腎機能や肺障害でMTXが使用できない高齢高疾患活動性リウマチ患者さんや悪性腫瘍の既往の患者さんに対し当院では(各主治医の先生方と連携の上)ケブザラを多用しており良好な治療効果が得られているとお話致しました。まとめとして関節注射に対する患者さんの満足度は全般に高く関節注射に由り痛みから解放され日常生活が大きく改善就労の継続が可能となった等 患者さんから多くの感謝の声を頂くも関節注射ができる医療機関と医師が増えて欲しいという訴求に応えて頂きたいとお願いし…
  
またサリルマブの有効性 安全性が多数の文献で報告されており、MTX併用不可+高疾患活動性EORA~癌既往 LPD既往の関節リウマチ患者まで幅広くSARの効果が見られた事を報告し講演時間ピッタリで終了しました<(_ _)>。当日はホテルに宿泊し翌日は朝イチで富山駅に向かいました。前日の雪はほぼ溶けており、時折青空も見られました。本会を企画頂きました篠田晃一郎先生とメーカー様に深く深く感謝申し上げます<(_ _)>

2024-04-21 19:09:00

コメント(0)

折りたたむ

...5月11日(土)は関節リウマチフォーラムでの講演の為…

5月11日(土)は『第41回なにわリウマチフォーラム』での講演の為 当日の診療は午後12時30分受付午前11時までとなります。

度々の外来休診や時短診療にて患者様皆様には大変ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんが御協力の程宜しくお願い致します<(_ _)>

2024-04-13 15:20:00

コメント(0)

折りたたむ

...3月9日富山県に出張講演に行って参りました(前編)。

昨年に続き本年も富山医科薬科大学教授篠田晃一郎先生にお招き頂き 関節注射の普及活動の一環として富山県に出張講演に行って参りました。当日は早めに外来終了の予定が関節注射の処置が重なり、ギリギリに(-_-;)新大阪駅に到着
  
特急サンダーバードに乗車し、京都までお天気良好でありましたが滋賀に入りますと曇り空に。福井県からは雪が降りだし、3月16日にいよいよ開通の北陸新幹線 始発駅の敦賀駅では大雪に(-_-;)金沢駅で晴れ間が広がるも富山県につきますと大雪状態でした(◎_◎;)
  
雪舞う中をタクシーで移動し会場に到着 他の御発表の先生方既に到着され ご挨拶の後に直ぐに講演会が開始となりました。今回は『10年目を迎えた当院の関節注射の今後の展望と課題~患者さんの心の声から ケブザラ+局注併用療法まで~』のタイトルで講演して参りました。 
  
まずは『私と当院の関節エコーの歴史』そのものと言えます旧東芝Viamoが11年目の本年1月についに引退(T_T)し、より安心安全に又より効率良く関節穿刺手技を行う事を目的に最新型の関節超音波機 Aprio me2月に導入した経緯を紹介しました
  
講演の前半はこれまでの各関節の注射手技のお浚い注意点再確認を行い、その後関節注射を行っておられます富山医科薬科大学の先生方から事前に頂いておりました御質問に対してスライドを提示しお話しました。当院では関節注射開始以降 プローブに簡易滅菌手袋をカバーし視野確保の為 滅菌ゼリーを使用しておりましたが、注射針の穿刺部位にゼリーが被りますと皮下に混入するリスクが生じる事とその回避方法を様々な講演会にて御話して参りましたが…
  
新機種Aplio meではゼリー無でも十分視界が確保可能となりエコープローブの接着面積の少ない足趾MTP関節手指PIP関節でもゼリー無で関節注射が可能であった事を動画を交えてお話しました。ただし小指PIP関節関節穿刺に慣れない間は滅菌ゼリーを使用した方が手技が行い易いと御話いたしました。
  
次に各関節内トリアムシノロンアセトニドの適応量御質問がありましたので、海外と本邦の様々な文献を紹介。保険診療内での可能な投与量に加えて私の4716関節の施行経験から各関節への適応量と注意点を御話いたしました。
  
その他 指の細い方皮下脂肪の少ない方に見られるトリアムシノロンアセトニド局注後一時的な脂肪萎縮皮膚白斑について一定頻度起こるも不可逆的な有害事象には至らず個人差はあるも当院ではほぼ全例が元に戻っている事を御話しました。その他 神戸克明先生考案のK-Methodの有効性多くの患者さんの声からも得られた事も報告いたしました…(後編に続きます)。

2024-04-07 18:18:00

コメント(0)

折りたたむ

...5月31日(金)は第24回日本抗加齢医学会総会にて…

5月31日(金)熊本県にて開催の第24回日本抗加齢医学会総会での発表の為 終日休診となります。発表前日に熊本へ移動の為 5月30日(木)の午後診察は午後5時30分(受付午後4時30分)までとなります



今回は大阪から遥か遠くの熊本城ホールにて開催されます。朝イチセッション~参加し午前最終『免疫・炎症・酸化ストレス』セッションにて高齢発症高疾患活動性 関節リウマチに対するMTX非併用にてサリルマブ単剤の有用性について抗加齢医学の観点から口演発表して参ります。観光の暇なぞ全く無く とんぼ返りの予定です(-_-;)

患者様皆様には大変ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんが御協力の程宜しくお願い致します<(_ _)>

2024-04-01 15:44:00

コメント(0)

折りたたむ

...2月21日 関節リウマチ研究会にて講演して参りました。

2月21日(水)に関節リウマチ研究会『関節リウマチ診療を考える会 in 三島』にて関節リウマチ治療におけるJAK阻害剤の位置付けジセレカの使用経験を含めた有用性と今後の課題~について講演して参りました。

当院でも多用しておりますJAK阻害剤でありますが、全国的に処方率が未だ低く長期安全性の観点から本邦の『関節リウマチ診療ガイドライン』でも生物学製剤が優先とされています。JAK阻害剤でもフィルゴチニブ(ジセレカ®)は特に安全性が高い薬剤の一つとされており…
  
現状で最長4年間フォローされた最新の文献ではフィルゴチニブ+メトトレキサート群vsフィルゴチニブ単独群では治療成績は変わらずフィルゴチニブ200㎎単剤投与でも長期安定した臨床効果見られました。特に帯状疱疹や重症感染症は他剤と比較しても発症率が低く(NK細胞活性の抑制がフィルゴチニブはJAK阻害剤の中でも大変低いとの報告あり)4年間で副作用無く 効果減弱無く継続できたのが56.2%と報告されました。
  
本邦の論文TNF製剤5剤IL6阻害剤 CTLA4阻害剤3年間継続率の報告と比較しますと(患者背景や民族 既往歴 治療期間等は異なり単に比較はできませんがジセレカ継続56.2%ですとTNF製剤5剤継続率上回る状態(あくまで参考値)であったとお話しました。また以前の講演会にてお話しましたRF高値D2TRAに強く関連する一つとして…
  
リウマチ因子(IgM抗体)が生物学製剤末端FC領域に結合し標的部位への移行を阻害するお話をしましたが、大阪公立大学病院 リウマチ膠原病内科渡部龍先生 橋本求教授のグループが発表されましたTNF製剤無効例には関節内のIFNγの上昇がみられ自己反応性リンパ球を活性化させる事で…
  
関節破壊進行させ、治療抵抗性にも繋がる可能性もあるとお話しました。又難治性関節リウマチ患者においては関節内にIFNが大量産生されRF値とIFNに正の相関性が示されており、メトトレキサートIFN大量に産生されている患者には効果が乏しいとされる事からIFNの制御D2TRA患者寛解に導く可能性があると結論付けていたとお話しました。
  .
またノーベル医学生理学賞に最も近い博士とされます坂口志文先生GM-CSFの制御が難治性関節リウマチの克服に繋がるお話に加え、上記のIFNγも抑止する作用を持つのがジセレカを含めたJAK阻害剤であるとお話しました。また自験例として当院D2TRA患者10例に対する52週までの長期有効性安全性についても報告致しました。
  
症例数は少ないもののD2TRAの奏効率低疾患活動性の目安とされるDAS28CRP 3.2以下75%(6例/8例)、深い寛解基準とされるDAS28CRP 2.6以下50%(4例/8例)副作用を含めた投与中止率10% (1例/10例)と低率であり安全性についても御話しました。偶然に効果があったのでは無く、GM-CSFIFNγの抑制リウマチIgM抗体捕捉されない、難治性関節リウマチの裏ボス?とされる滑膜線維芽細胞JAK1を介して抑制している等、生物学製剤では成しえない多方面からの作用機序に由り奏功している可能性についても説明いたしました。
  
今回フィルゴチニブを投与されたD2TRA患者さんの中には他のJAK阻害剤で効果かった方が含まれJAK阻害剤に効果が無い患者さんにTNF製剤に切り替えるか Non‐TNF製剤IL-6製剤 CTLA4阻害剤)に切り替えるかJAK阻害剤に切り替えるかを記した最新の論文を紹介。JAK阻害剤を中止した患者は別のJAK阻害剤への切り替えが効果的な治療選択肢で(有害事象で中止した場合は別のJAKへswitchはリスク大)ある事を御話し講演制限時間ピッタリで終了いたしました<(_ _)>

2024-03-10 18:36:00

コメント(0)

折りたたむ

...3月15日(金)は関節リウマチ研究会に参加 講演の為 時短診療となります。

3月15日(金)は関節リウマチ研究会の参加 講演の為 午後の受付が16:30 診察は17:00までとなります。当院における『関節エコーを用いた Pre-Clinical RA(関節リウマチ先行病変)の診断と治療』について講演して参ります。

患者様みな様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします<(_ _)>

2024-03-01 13:04:00

コメント(0)

折りたたむ

...JAKエキスパートの会にて総合座長を務めて参りました。

1月31日(水)開催のJAK Expertの会にて総合座長を務めて参りました。新進気鋭の関節リウマチのアカデミアの先生方御講演症例提示を賜り…
 
その後オルミエントの安全性と有効性 今後の展望について熱く?ディスカッションして参りました<(_ _)>

2024-02-24 12:54:00

コメント(0)

折りたたむ

...3月9日は講演会で富山県へ出向の為

3月9日(土)の関節リウマチ専門外来富山県へ出向の為 当日は再診の関節リウマチ患者様の『お薬外来と注射外来』のみとさせて頂き、午前9:00~午後12:00(受付午前10:30分)までの診療となります。

当日は午後1時過ぎの列車に乗車します為、患者様皆様に大変ご迷惑をお掛け致しますがご理解とご協力の程よろしく<(_ _)>
 
今回の講演会のテーマは『10年目を迎えた当院の関節注射の今後の展望と課題~患者さんの心の声からケブザラ+局注併用療法まで~』の内容で出張講演して参ります<(_ _)>

2024-02-04 20:34:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5