医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来

とうえい外来

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

...7月15日 祝日月曜日は…

7月15日(祝日月曜)は当番制の十三急病診療所にて出務してまいりました。14日(日曜)は講演会のスライド作りで1日費やし、連休なのでちとリフレッシュしたいところでしたが…朝一に阪急電車に揺られ急病診療所に向かいましたがお天気も良く、小児科の専門医の先生もおられましたので、今日は楽チンかと思いきや…夏風邪の高熱咽頭結膜炎から高齢者の重症感染症、腸閉塞疑いから 急性膵炎疑いで2次後送病院への救急搬送等メチャメチャ忙しい1日でした(◎_◎;)
 
現在も内科専門医 総合内科専門医でありながら、未だに『先生はリウマチが専門の様ですが、内科は診れますか?』と聞かれることがあります(T_T)。病棟勤務医時代はバリバリに2次救急やってましたが…今となっては町のリウマチ屋さんとなりました。本日は久しぶりに1次救急ではありましたが、忙しい内科急病診療の1日でありました。しかし…疲れやした((+_+))。 

2019-07-23 08:55:00

コメント(0)

折りたたむ

...当院の夏期休診のお知らせ

8月の夏期休診のお知らせ。8月10日(土曜)は午前診察のみ8月11日(日曜)12日(月曜)は祝日休診8月13日(火曜)~8月15日(木曜)の3日間は全日夏期休診となります。8月16日(金曜)から全日診療致します。


実質的には8月11日(月曜)~8月15日(金曜)までの5日間休診となり、患者様には御迷惑をお掛け致しますが、御理解と御協力の程 よろしくお願いいたします<(_ _)>。

2019-07-20 11:34:00

コメント(0)

折りたたむ

...当院初代関節エコー (旧東芝)Viamoが…

当院初代関節エコー(旧東芝)Viamoが、新品プローブの交換にて生まれ変わりました(^O^)/。昨年6月に2代目(2台目?)として採用しましたCanon Xario200を導入し画像の質の良さに感動(T_T)/~~~致しました。しか~し臨床現場即時関節エコー診療にはViamoが必要であり今も大活躍をしておりますが…画質の粗さが目立ち始め…
 
新品のプローブに無償で交換してもられる契約していたとの事で(通常ですとプローブ1本〇〇〇万円もしますが(-_-))、6月20日にメンテナンスも兼ねてメーカーさんに御出で頂き画像が蘇りました(^ ^)/。やはり伸筋屈筋腱 軟部組織 滑膜組織の描出はXarioには負けますが、骨破壊 関節破壊に直結する炎症シグナルの検出はやはりViamoがまだまだ上ですな。
 
同じ右肘関節の炎症の度合いでありPDシグナルの設定が同じでも左側のViamoの画像と右側Xarioの画像では検出感度が全く異なります。画質はXarioが上ですが炎症シグナルの検出はViamoが断然優れている事から、活動性リウマチ患者さんに於いてはスクリーニングでまず診察内のViamoを用いて炎症の度合いを評価し、精密検査としてエコー検査室のXarioを用いて詳細な骨や滑膜の変化(骨ビラン滑膜肥厚)を観察します。
  
しか~し…やはり関節穿刺となりますと、Viamo(左側)の針の描出感度(赤矢印)とXario(右側)の針の描出感度(青矢印)では後者のXarioが上でありますなぁ。今後もViamoの炎症シグナルの検出の優れた機能を生かし関節リウマチ患者様の早期の病態評価、炎症シグナルの病状に合わせた治療強化、トリアムシノロンの関節エコー(Xarioを用いて(^ ^;)ガイド下での関節内局所療法をしっかり行って骨破壊と関節変形の予防を行ってまいります(^ ^)/

本日で関節エコー症例が4705例、トリアムシノロンの関節局注例が921例に至りました。目標としておりました関節エコー5000例、関節注射1000例の達成も見えて参りましたが今後も『丁寧にエコーを、慎重に関注を』モットーにリウマチ関節エコー診療に取り組んでで参ります<(_ _)>

2019-07-08 11:38:00

コメント(0)

折りたたむ

...学術活動更新しました。

令和1年度として初回の学術活動を更新いたしました(^ ^)/

ほぼ隔週で講演 学会研究発表と多忙を極めましたが、自己研鑽も含め毎週末スライド作成と文献検索に充てております。6月20日(木曜)の講演も無事終了し7月の2つの講演に向けて今週末も狭い書斎に閉じこもりの予定です(-_-;)

2019-06-22 16:57:14

コメント(0)

折りたたむ

...生物学製剤投与患者さんが増加傾向…

なるべくならメソトレキサート+超格安のトリアムシノロンアセトニド関節注射にて構造的寛解、関節エコー寛解に持っていきたいところですが…中等症以上の初診転医患者さんも多く来院され生物学製剤を使用する方が増加傾向に。2019年5月末の時点で90名に達しました。医療コストを考えますと投与患者さんが増える事はあまり喜ばしい事ではありませんが…生物学製剤療法が必要な方にはそれぞれの病状に合わせて下記薬剤を使い分けをしております。

(*ETN-BS=エタネルセプトバイオシミラー TCZ=トシリズマブ JAK=トファシチニブ/バリシチニブGLM=ゴリムマブ ABT=アバタセプト ADA=アダリムマブ SAR=サリルマブ ETN=エタネルセプト CZP=セルトリズマブぺゴルIFX=インフリキシマブ*)
品薄状態が続き漸く供給が追い付いて参りました低コストのETN-BSを更にコストカットで半量投与にてエコー寛解に至る患者さんが急増中(^-^)/。生物学製剤ナイーブの(使用経験が無い)方にETN-BSがかなり奏功しております。又経口JAK阻害剤でありますバリシチニブと新規の抗IL-6受容体製剤のサリルマブも増加傾向にあります。どの生物学者製剤もそれぞれ特性を有し全て良い薬ですが、各患者様のリウマチ病態 年齢 臓器障害 既存肺病変 内科基礎疾患 社会的背景に合わせて『安全第一 効果第二 価格第三』(ホントは価格第一にしたいですが(^ ^;))を軸に今後も最善のリウマチ治療を提供してい参ります。

2019-06-04 00:35:00

コメント(0)

折りたたむ

...6月15日(土)は日本抗加齢医学会での参加発表の為 終日休診となります。

毎年演題を採用して頂いております第19回 日本抗加齢医学会にて今回も採用いただきました。今回はパシフィコ横浜で開催され遠方での発表ではありますが、東永診療に役立つセッションも多く聴講してまいります。『抗加齢医学』から様々なジャンルの発表がなされますが、昨年から『免疫・炎症』部門が設立されました。『抗加齢/アンチエイジング』の主旨とはちと異なりますが『骨破壊 関節変形』の運動器障害の予防の観点から関節エコーの有用性について報告してまいります。
 
ついでに高額な生物学製剤に負けない骨破壊予防効果を有する格安のトリアムシノロンアセトニドの局所注射の有用性を、リウマチ関連と異なる学会でありますがこちらもしっかり宣伝してまいります(^ ^)/。できれば日曜発表にして欲しいところで、土曜は東永を閉めたくはありませんが…6月15日(土曜)は休診とさせていただきます。ご理解とご協力のほどよろしくお願い致します<(_ _)>

2019-05-29 13:53:00

コメント(0)

折りたたむ

...ありがとう平成 さよなら平成(T-T)/~~~

平成元年に医学部に入学し医師と医学を志し30年が経過。医学の道を歩み続けた平成も今日で終わると思うと大変寂しい限りです(T_T)が…一方で私にとって平成は感謝イッパイ<(_ _)>の30年間でもありました。今日は祝日ではありましたが平成最後の東永外来を行いました。『雨だし休日なので暇かな…』と思っておりましたが、本日は午前診察だけでしたが40名近く(◎_◎;)御来院いただけました。
 
新元号となります明日の令和元年も休日ではありますが、引き続き外来診療いたします。平成が終わり令和の新しい年になりましても、最新で最良のリウマチ 骨粗鬆症 総合内科 抗加齢医学の診療を提供してまいります<(_ _)>。

2019-04-30 15:02:37

コメント(0)

折りたたむ

...世間は10連休ですが、4日間は診療いたします!!

天皇陛下の御退位 皇太子殿下の御即位の御祝いの日を含めて世間は10連休でありますが…全部休診などとても出来ませんので下記日程にて診療いたします(^_^)/。

    
4月27日(土曜)は内科 リウマチ科 骨粗鬆症 エコー診療 受付12時半まで 午前診察のみ
4月30日
(火曜) 上記と同様 午前診察のみ
5月 1日
(水曜) 上記と同様 午前診察のみ
5月 2日
(木曜) 通常診療 午前診察 受付12時半 予約診あり 午後診察 受付午後7時まで


内科疾患 リウマチ疾患 骨粗鬆症 関節エコーと休日祝日も可能な限り対応致します!是非ご来院下さい<(_ _)>。

2019-04-17 08:22:00

コメント(0)

折りたたむ

...院内迅速血球CRP検査機器を新しく導入しました!

院内迅速血球CRP測定器を新しく導入しました(^ ^)/

  
リウマチの活動性炎症が短時間で評価が可能です。CRP値は小数点2桁、白血球分画(好中球数 リンパ球数)の即時測定も可能で、関節エコー検査と組み合わせて正確で迅速なリウマチの診療にあたります。また各種の貧血の診断、感染症の重症化の有無や急性疾患のトリアージの診断に威力を発揮します。これからも最新の検査機器を通して最良のリウマチ診療 内科診療 骨粗鬆症診療を提供してまいります<(_ _)>。

2019-04-05 13:17:04

コメント(0)

折りたたむ

...関節内局所注射が800例を超えました!

2016年6月にK-Method療法に於けるトリアムシノロンアセトニドの関節注射を開始して以降2019年3月までの2年と9カ月で800件に到達致しました(^_^)/。多くの先生方に御教授頂き、多くの文献調査と自己研鑽を続けた結果…幸い関節(腱鞘)内注射後感染や腱断裂等の有害事象の発生は一例も無く800例を迎えました<(_ _)>
 
速効性の鎮痛効果、可動域 ADLの短期改善、骨破壊骨変形の予防、生物学製剤同時投与による治療効果の増強、そして何よりも非常に安価で経済的(お蔭で全然儲けになりません(-_-))な治療法であります。有効性を示す文献も多く報告され11年間の追跡調査でも関節局所注射療法の有用性が本年1月に発表されました。今後も関節エコーを駆使して『より安全に』『より効果的に』『より経済的に』関節注射療法を継続して参ります<(_ _)>。

2019-03-31 19:35:06

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5