医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来

とうえい外来

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

...当院の局所注射療法が1500関節を超えました!!

苦節4年3か月でトリアムシノロンアセトニドの局注療法が1500関節を超えました(^O^)/!技術的にはまだまだ発展途上ではありますが、最も重要な腱断裂や穿刺後の感染症の合併は一切無く今日に至りました。エコーガイド下で関節穿刺を行う事でより安全により確実に効果を出す事が可能となり、多くの関節リウマチ患者さんに大変喜んで頂いております現状の治療を変更(薬剤の増量や追加)をする事なく最低限の医療コストで最大限の治療効果を引き出す局所注射療法は関節リウマチ治療に絶対必須のスキルと言えます。

 
関節局注療法の頻度別を見ますと、ダントツ1位手関節2位が手指腱鞘滑膜で尺側手根伸筋腱や長母指屈筋腱 総指伸筋腱等々、痛みや伸展屈曲障害を来す腱鞘滑膜炎に局注を行うと劇的に改善します。3位が意外と足趾MTP関節で、容易に足趾が変形する事から早期に対応が必要。 4位MCP(指の付け根)関節 5位PIP(指の2番目)関節(DIP関節も含む) 6位膝関節 7位肩関節とメジャーな関節が続き、8位は長短腓骨筋腱 後脛骨筋腱 前脛骨筋腱 アキレス腱付着部等々 9位は難易度の高い関節、10位は関節でした。その他 胸鎖関節 肩鎖関節 胸肋関節にも局注を施行しております。

股関節以外の全ての関節 腱鞘滑膜に対応しており、様々な関節に局所注射の経験を積めば積む程 更に関節リウマチの治療が充実すると自負しております。先日ブログに掲載しましたEULARのRecommendations2020関節注射の推奨通り患者さんのアウトカムの改善と治療効果に好影響を与えることが出来る様に今後も尽力して参ります<(_ _)>。

2020-09-17 07:59:00

コメント(0)

折りたたむ

...関節エコー件数が9月15日にて7500件を超えました!

5月15日に関節エコー件数が6500件を超え、8月末で7000件超えしました。宣伝広告費など全くかけておりませんが、当院ホームページを閲覧頂いた多くの方に御出で頂き連日関節エコーを施行しましたところ…

本日関節エコー件数7500件しました(^_^)/。今年度3か月半残した時点で2018年のエコー件数を超えております。数をたくさんやれば良いというモノでは決してありませんが、多くの関節エコーを行うことで正常関節 異常関節のバリエーションの知識と経験が増すと自負し関節エコー診療を行っております。今後も関節エコーを通して患者様にお役立て出来ます様 尽力して参ります<(_ _)>。

2020-09-15 14:23:00

コメント(0)

折りたたむ

...日本医師会から感染症対策実施医療機関として認定されました!

本年2月からゾーニング診療院内感染予防を徹底的に行い、当院の掛かり付け患者様限定ではありますがコロナウイルス検査対策も行って参りました結果…日本医師会から感染対策実施医療機関として認定されました(^ ^)/
 
現在はコロナウイルス感染症は小康状態ですが、今後も院内感染予防の徹底と当院の掛かり付け患者様が安心して通院頂けます様 尽力して参ります<(_ _)>。

2020-09-02 14:45:00

コメント(0)

折りたたむ

...東永夏合宿 本日2日目に突入!

東永夏合宿も2日目に突入し、昨日はパソコンへのデータの打ち込みでほとんど1日が終了(-_-;)。本日午前中も同作業が続きお昼前に漸く一段落となりました。本合宿のメインイベントの一つが日本リウマチ学会認定ソノグラファー(関節エコー専門医)の資格更新の為のレポート作成であります(*_*)。当院の最も得意分野でございます関節エコー(プラス関節局注療法)ですので、症例は山程ございますが…
 
その内の選りすぐりの100例を絞ってレポートを提出する必要があります。診断名 検査目的 検査部位 観察する関節内の部位 エコー所見として滑膜肥厚や炎症シグナルの有無をチェックする内容です。一見単純そうに見えてすぐ出来そうにも見えますが、同じ様な症例を書くわけにも行かず、当院の様々な症例 鑑別診断 穿刺のガイド方法 アプローチの経路などを記載しておりますと…

あっという間に3時間(◎_◎;)が経過…にも関わらず、まだ申請書の作成プラス半分にも満たない40症例目(T_T)を漸く作成した状態。これまったエライこっちゃ大変な作業であり、『締め切りは来月やし、まぁ~ボチボチ日にちを分けて分割でやりますかぁ~』と思うところでありますが、お盆が明けたら忙しくて絶対できない、いやいや絶対やらないと思われ、このまま東永夏期強化合宿と銘打って41例→100例へと突入する事に。

開始から5時間半が経過し、漸く100症例完成しました(@_@)。関節エコーソノグラファーの資格更新も大変でございます。数だけやれば良いものではありませんが、やはりたくさんの患者さんの異常所見、そして更にバリエーションが山程ある多くの正常関節をしっかり観察し経験を積む事でソノグラファーとして皆様へお役立て出来るものと確信しております。
 
まもなく東永夏合宿2日目が終了(本日はこの後 体育実習の為 日が沈んだ後にランニングの予定(-_-;)) しますが、明日3日目は10月WEB開催(〆切が9月9日…早すぎ(+_+))の第22回日本骨粗鬆症学会のデータ整理とスライド作成の予定です。しかし1日がホントにあっという間ですな('_')

2020-08-14 17:51:00

コメント(0)

折りたたむ

...東永夏合宿が開始されました…第1日目

5月は非常事態宣言の影響で患者さんが減少傾向にあり、6月から徐々に回復。院内感染対策をより強化した7月から逆に来院患者さんが増加に転じ、7月中旬以降から昨日までは疾風怒濤の忙しさでありました。遠方から多くのリウマチ患者さんも御出で頂き、ありがたい限りでございます<(_ _)>が…多忙を理由に長い間放置しておりました宿題が山盛りに。お盆休診期間を利用し、本朝から東永夏合宿開始!となりました。
  
合宿初日は関節リウマチの新薬を使用した際に必ず必要となります特定使用調査レポートの作成です。しっかりと臨床試験が行われ厚生労働省が安全性を確認し保険診療での処方が認可された薬剤であっても発売後1年は使用後の病状のレポートの提出が必須なのであります。紙媒体のレポート作成も大変ですが、山盛りにカルテ(_;)から(早く電子カルテ化しないと(T_T))データを拾ってパソコン入力もこれまった大変であります。はぁ~もう1日があっとう言う間に終わりそうです(-_-;)。

2020-08-13 16:43:00

コメント(0)

折りたたむ

...当院のコロナウイルス感染対策を更に緊急的に強化しました!

この記事は当院通院中の掛かりつけ患者様 専用ページです。
6月、7月に多くの患者様に御来院頂きましたが 一方で全国的にコロナウイルス感染者数が急激に増加しており、当院の院内感染対策の強化とPCR検査の安全性と精度の向上に緊急的に取り組みます!
 

コロナウイルス感染者の増加によりPCR検査の需要が高まり、検査が受ける事が出来ない検査難民(-_-;)急増している様です。当院に現在通院中の掛かり付け患者様限定でありますが、早期に負担の無いPCR唾液検査(保険適応)を行って頂く様尽力しております。院内感染対策の強化として、ゾーニング診療の継続計測誤差の少ない 最新式の顔認証体温測定器を導入しました。

体温が正常な方は、マスクを必ず着用して頂き(マスクの無い方は入室を御断りする事があります) 両手の消毒の上(受付に消毒液を設置)待合でお待ち頂きます。待合が混雑する場合は3密にならない様、待合場所を分散致します。顔認証検温機で異常体温が検出された場合は裏口の受付へ回って頂き、問診の上 レッドゾーンイエローゾーン診察室へ振り分けを行います(*来院前発熱症状がある方は、事前に当院PCR専用ダイヤルに御連絡ください)。



PCR検査(現在通院中の掛かり付け患者様限定も身体的負担の強い鼻咽頭ぬぐい検体は廃止し、簡便な唾液検体採取を行っております。院内感染予防の観点から可能な限り接触を避ける為、(PCR専用ダイヤルで相談の上)自宅か自家用車内で唾液検体を採取して頂きます。問題点としましては唾液検体は鼻咽頭検体と比較して…


陽性率が平均で7~15%も低下してしまい、発症9日以降ですと唾液中のウイルスは完全に消失してしまいます。これを解消すべく鼻咽頭検体の陽性率と変わらず、且つ最も陽性率の高発症後2日~4日を狙って検体を採取しPCR検査センターへ搬出します。採取時期を逃しPCR検査が偽陰性の状態家庭内職場内院内に感染が広がらない様尽力致します!

2020-08-03 08:17:00

コメント(0)

折りたたむ

...7月20日時点での当院の生物学製剤とJAK阻害剤の使用状況

2020年7月に於きまして定期通院されております関節リウマチ患者様が418名まで増加し、病状に合わせて7月20日の時点で127例に生物学製剤 JAK阻害剤を使用しております。
 
(*ETN-BSエタネルセプトバイオシミラー  JAK-inhibitor バリシチニブ/ウパダシチニブ/ペフィシチニブ=オルミエント®12例/リンヴォック®6例/スマイラフ®2例 TCZ トシリズマブ=アクテムラ®  SAR サリルマブ=ケブザラ®  ADA アダリムマブ=ヒュミラ®  ABT アバタセプト=オレンシア®  GLM ゴリムマブ=シンポニー®  ETN エタネルセプト=エンブレル® CZP セリトリツマブ・ペゴル=シムジア®  IFX インフリキシマブ=レミケード®*)

やはり低コストのETN-BSが最多で関節注射との併用にて通常の半量か4分の1(一般的な生物学製剤のコストの3分の16分の1の費用)で著効関節エコー寛解持続しております。又新規JAK阻害剤としてウパダシチニブが登場し、当院の多剤耐性の難治性関節リウマチ患者様に絶大な効果(◎_◎;)を発揮しておりhttp://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/669)、今後処方例が更に増えそうです。

2020-07-23 17:56:00

コメント(0)

折りたたむ

...大阪もコロナウイルス感染者急増中。

東京では連日300人近い新規コロナウイルス感染者が発生しており、大阪も人数は2ケタですが89人とかなり多くの感染者が発生(◎_◎;)2日連続80人を超えています(-_-;)
 
東京大学先端科学技術研究センター名誉教授児玉龍彦先生の報告からは新型コロナウイルスの遺伝情報を調べた結果、第1波は「中国・武漢型」、第2波は「イタリア・アメリカ型」、そして現在は「東京型・埼玉型」で従来の流行したタイプとはゲノム配列が全く異なるとの事
 
(詳細⇒https://news.yahoo.co.jp/articles/5b638e47911998ff3e911cdd86736bd8f2601f59
東京の中に今エピセンター(震源地)が形成されつつある。総力をあげて止めないとミラノ ニューヨークの二の舞になる』と警告していま(-_-メ)。大変な事にならない様祈るばかりです。

2020-07-19 19:49:15

コメント(0)

折りたたむ

...夏期休診のお知らせ

2020年の夏期休診ですが、8月13日(木曜)~8月16日(日曜)の4日間 (コロナ禍もあり何処も行きませんが(-_-;)夏期休診とさせて頂きます。

8月12日(水曜)は通常通り診療(午前診察のみ)、8月17日(月曜)から午前診 予約診 午後診と通常通り 診療致します。患者様 皆様には御面倒 御迷惑をお掛けしますが御協力の程よろしくお願いいたします<(_ _)>。休み中はリウマチ治療薬の全例調査の登録票作成とWEB学会のスライド作成の時間に充てさせて頂きます<(_ _)>。

2020-07-16 00:08:00

コメント(0)

折りたたむ

...大阪コロナウイルス感染警戒域の『黄色信号』が点灯!

非常事態宣言解除後、大阪府はコロナウイルス感染発症者は低く抑えられて来ましたが、人の出入りが多くなってきますと…本日休日ながら大阪府内の感染者数が32名(-_-メ)とかなり多くなっております。警戒域とされる黄色信号の基準となります新規陽性者における感染経路不明者の平均前週増加比が警戒域の2を超え2.16となり…
 
新規陽性者における感染経路不明者数が警戒域の10人を超え13.29人(◎_◎;)となり黄色信号が点灯!1週間の陽性者が142名と徐々に増加しており今後は相当な注意が必要と言えそうです。明日からもゾーニング診療を徹底院内感染予防を更に強化して参ります!

2020-07-12 18:11:26

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5