医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...関節エコーエキスパートサミットにて発表して参りました

...関節エコーエキスパートサミットにて発表して参りました

...関節エコーエキスパートサミットにて発表して参りました

第2回目の関西関節エコーエキスパート(私も?)SAKURAの会にて発表して参りました。指名制でセミクローズな会でしたが関西有数の大病院の先生方が60名以上集まり、7演題の関節エコー症例検討会が行われました。京都大 神戸大 大阪市大 大阪南医療センター 堺総合医療センター 京都桂病院に続き、唯一町医者の私にも口演発表の機会を頂きました。

大病院名が連なる中『東永内科リウマチ科』の文字がやや恥ずかしいところでしたが…多くの聴講者の前でお話させて頂きました。他の演者の先生方の発表では啓発的症例や頻用される代謝系薬剤の副作用に因る関節炎症例等大変勉強になりました。

私も月に1度大学病院で外来をしておりますが、大変忙しく診療している中 患者さんに調子が良いと言われますと不慣れな電子カルテと検査オーダーの煩雑さから、つい通常の診察で終わらせてしまいます。

一方で町医者では紙カルテで(字は象形文字ですが...) 診察の合間に簡単にエコーができますので、調子が良い患者さんの中に驚くほどの残存関節炎をしばしば経験します。当院の患者さんを通して痛みの無い関節炎にどこまで介入するかを他の先生方の意見を拝聴しディスカッション致しました。

次に大病院に於いては町医者では診断がつかない症例や難治性で熟した関節炎の患者さんが多いですが、当院では町医者で敷居が低い分、受診が早く未だ関節炎として熟していない症例を多く経験します。

関節リウマチ発症直前の新生血管増殖例の紹介やその患者さんに対してどの段階で早期治療として介入するかについても他の先生方の意見を拝聴しディスカッション致しました。

早期治療介入する事で奏功した超早期リウマチ患者さんの症例や逆に、ギリギリ診断基準を満たさないでギリギリまで経過を診ていた患者さんが自然治癒し、治療介入しなくて良かった症例なども紹介。

大学病院ではあまり受診されない町医者ならでは関節エコー所見に出席の先生方から予想外?に反響を頂きました。私の大学の後輩(と言っても筆頭講師で私よりも随分偉くなってしまいましたが...)からも『すごい解り易かったですよ!!』と御世辞も頂きました。


最後は関西関節エコートップリーダーの岡野先生に依る、関節エコーガイド下での注射のハンズオンセミナーも開催頂きました。当院でも実践出来得る残存関節炎に対する治療手技についても伝授頂き大変勉強になりました。


今回の関節エコーエキスパートサミットも大変有意義でありました。当院の患者さんについて相談とディスカッションが出来、又当院での治療にさらなる自信が持てた事が最大の収穫でした。御意見頂きました先生方、ありがとうございました。次は半年後に開催予定ですが、まだまだ相談したい関節エコー所見が数多くあり、半年と言わず3ヶ月に1回は開催して頂きたいところです。

会場の設置や準備から私のブログ用の写真まで撮って下さった主催メーカーの皆様にも心より感謝申し上げます。

2016-05-21 23:18:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント