医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...10月8日の講演内容の訂正と御詫び

...10月8日の講演内容の訂正と御詫び

...10月8日の講演内容の訂正と御詫び

【10月8日の講演内容の訂正と御詫び】

10月8日に市民公開講座として『あなたは骨粗しょう症?』について講演させていただきましたが、『かかと落とし体操にて1年で骨密度が8%上昇』するとの報告があるとお伝えしましたが、正しくは『骨粗鬆症治療薬と併用して1年で最大8%骨密度が上昇』でありました。誤解を招く内容を御伝えしてしまい誠に申し訳ございませんでした。

『かかと落とし』の有効性は今回の講演で御伝えした以外に日本骨粗鬆症学会 前理事長の太田博明先生をはじめ福岡歯科大学教授の平田雅人先生等の御高名な多くの先生方が論文や書籍を通してその有用性を報告しております。
          
昨年放映されましたNHKテレビの健康番組での太田博明先生 御出演の『かかと落とし体操』にてその有用性が報道され大きな反響を呼びました。多くの報告 報道から『かかと落とし体操』 『かかと落とし運動』は骨粗鬆症や骨密度上昇に好影響を与えることは間違いなく、科学的にも証明されています。
    
しかし重要なのは実際の『数字としての効果』であり、一番核心的な部分を間違ってお伝えした事を心よりお詫び申し上げます。薬を使用せずジャンプ運動(かかと落とし運動)+筋力トレーニングを毎日施行する事で、65歳以上の対象の臨床試験では8カ月で骨密度が平均3%上昇したと報告されています。膝の悪い方や転倒される可能性の高い方はジャンプ運動は危険ですのでイスを使用した『無理のない かかと落とし体操』をお勧めします。これらを参考に是非 今後もかかと落とし体操を続けて頂ければ幸いです。

この度は御迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。

2018-10-14 16:00:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント