医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...MSKUS 自由討論会にてディスカッサーとして口演発表して参りましたぁ!

...MSKUS 自由討論会にてディスカッサーとして口演発表して参りましたぁ!

...MSKUS 自由討論会にてディスカッサーとして口演発表して参りましたぁ!

11月22日(木曜)関節エコーエキスパートサミットとして、済生会中津病院 リウマチ膠原病内科部長の中澤 隆先生が発起人となり第1回MSKUS(musculoskeletal ultrasonography) 自由討論会が開催され、ディスカッサーとして招聘頂きミニ口演発表して参りましたぁ!『ダウンタウンの滑らない話』をモチーフに各関節エコーのエキスパートが(私だけはちょっと異なりますが(-_-メ))司会の中澤先生の振るサイコロで名前が出たら発表するという今までには全く無かった関節エコーの討論会でした。
 
ディスカッサー5名が中心に位置しオブザーバー兼ご意見番として大阪市立医療センター総合診療科 リウマチ科部長の後藤仁志 先生がその後方に着座され、発表したディスカッサーの先生に対して周囲を取り囲むリウマチ専門医の先生方がガンガン質問や意見を述べて大きな笑いを以って会は進行。
 
当院としましては超早期関節リウマチに対しての関節エコーを用いた早期診断の取り組みと僅かな関節腫脹や関節炎が骨破壊や変形に繋がる可能性があり、関節リウマチの最新治療のRecommendationに記載されている関節注射の取り組みを滑らないネタと共に紹介。関節穿刺の最も課題となる穿刺時の痛みを30G針で試みている事を報告しました。
 
下地の治療がしっかりしているとトリアムシノロンアセトニドの1回の関節内注射にて穿刺関節の70~80%は再発無く局所寛解の持続が可能であると論文の報告も含めて報告。また、健常者の中にも病的では無い正常を超える滑膜肥厚や炎症シグナルらしき偽陽性のピットフォールが多く存在し、関節リウマチの病変か生理的病変かの明確な診断基準が必要では?と提起した最新の文献も紹介。
 
ほんの僅かな1ミリ~2ミリの足趾中足骨と基節骨の滑膜肥厚に因る段差が変形の始まりの可能性があり、この段差をトリアムシノロンアセトニドの関節注射にて早期に治療介入する事で変形抑止の可能性を『滑らない』様に東淀川区の御当地ギャグを含めてお話し皆様から爆笑頂けました。
 
またやや古い文献ですが2011年にパブリッシュされた関節エコーガイド下でトリアムシノロンアセトニドの関節注射を行う事でリウマチ治療全体の効果が上昇し、寛解率が上がる事で医療機関への受診期間が延長され、それに伴い年間の医療費の抑止に繋がったと言う『正に当院を目指す医療』を記した内容を紹介しました。
 
一方で文献に掲載された関節穿刺の写真がかなりグロテスクであり21G 0.8㎜の太い穿刺針を使用(◎_◎;)しても有意に関節穿刺時の痛みが軽減した??驚く内容も紹介。是非ともこの研究に30Gの針を用いて臨床調査していただきたかったですが…。
 
多くの学会で発表(宣伝?)して参りました関節注射+メソトレキセートの併用療法が生物学製剤治療に引けを取らなかった文献だけでなくMRI画像上でもトリアムシノロンアセトニドの関節注射が滑膜炎の抑止効果も得られた事も報告。会場に於いて関節注射について積極的な議論が交わされ、色々と御助言や穿刺の工夫等を御教示頂けました。
 
5演題がサイコロの名前順に口演発表され司会の中澤 隆先生の軽妙なトークの下笑い満載で会は大盛況の上終了しました。大変画期的会であり大変面白く大変為になる会でありました。次回叉開催される事を期待したいところです。会の進行から司会、会の構成 各先生方への御配慮等 御尽力頂いた中澤先生と共催頂いたメーカー様には心より感謝申し上げます<(_ _)>。

2018-12-07 00:32:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント