医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来»  ...当院に於ける骨粗鬆症骨折の更なる予防対策としまして…。

...当院に於ける骨粗鬆症骨折の更なる予防対策としまして…。

...当院に於ける骨粗鬆症骨折の更なる予防対策としまして…。

当院の骨粗鬆症診療に於いては骨密度の測定法として中手骨MD法を採用し、腰椎の形態変化の状況を見て当地区基幹病院の淀川キリスト教病院へ骨粗鬆症連携パスを用いて同院にてDEXA法にて腰椎と大腿骨の骨密度の測定を依頼しておりましたが…。
 
当院から淀川キリスト教病院まではけっして遠くはありませんが、駅2つ分離れておりますと近いとも言えず、多くの患者様から『東永さんで検査でけへんの?』とよく御質問を受ける(^_^;)事と…10月24日の日本骨粗鬆症学会のメイン講演の『大腿骨骨折の予防の重要性』が示された事から当院でも更なる骨折予防の対策強化が必要となりました。大変高価な検査機器ではありますが…最も骨折してはいけない腰椎 大腿骨の骨密度を詳細に精査できるDEXA法を用いた全身骨密度定量装置の購入を検討しております。
  
GE社の骨密度測定器と検査用ベッドが一体型のタイプPR◎◎Y F◎g◎は簡便ではありますが...大きすぎて当院のレントゲン室に搬入が出来ず(T_T)。日立社の骨密度測定器と分離型は搬入可能でありますが、本年4月に発売されたばかりの最新型AL◎H◎ L◎は大変高額である事から、機種 精密性 コスト等をかなり選定し…
 
最終的に精密性と対費用効果が大変高い日立社のD◎S-◎◎F◎とコンパクト(ギリギリ搬入可能)でこちらも精密性と腰椎と大腿骨がワンタッチで測定可能なGE社のC◎◎leの2機種に絞って購入を検討中。日本骨粗鬆症学会の専門資格を取得後3年が経過し、4年目の来年度は当院の骨粗鬆症診療の更なる向上と患者様に少しでも御役立て出来ます様、検査機器の充実に努めて参りたいと思います<(_ _)>。

2018-12-22 00:11:00

とうえい外来   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント