医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来»  ...無事2018年度の診療が終了しました。

...無事2018年度の診療が終了しました。

...無事2018年度の診療が終了しました。

あっと言う間に平成最後の30年が終わろうとしておりますが、東永内科リウマチ科の診療も12月29日で無事終了致しました<(_ _)>。最終日になってインフルエンザ患者様が多数来院され、11月末からのワクチン不足に加え年末年始の医療が手薄になる時期にインフルが流行する事を心配しております。

平成28年1月から院長 理事長が交代となり、在宅診療の縮小 リウマチ骨粗鬆症診療の拡大 内科疾患の管理の強化等…診療体制が大きく変わりましたが平成27年度と比較して年間レセプト件数が500件以上増加致しました。一般内科疾患から難治性関節リウマチ 重症骨粗鬆症等の多くの患者様に御出で頂き 『ここに来て良かった』と御声を沢山いただけました。
 
特に関節リウマチの治療の一環として手技として専門性が高い関節内(腱鞘滑膜内)のトリアムシノロンアセトニドの局所注射が2年半で700件を超え、穿刺後感染症や腱断裂等の有害事象を1例も出す事無く 多くのリウマチ患者様が良好な経過を辿っております。また、関節エコーも日本リウマチ学会超音波標準化委員会が設立された2012年の翌年から関節エコーを導入し2018年12月でエコー検査数が3800件を超えました。まだまだ関節エコーの腕前としましては発展途上の段階であり今後も多くの関節エコー関連の研究会や学術集会に参加 発表し腕を磨いて参りたいと思います<(_ _)>。

来年の2019年度は平成から新しい年号に変わる事となりますが、東永内科リウマチ科もDXAを用いた全身骨密度測定機の導入を軸に骨粗鬆症部門の強化と共に骨粗鬆症認定医 抗加齢医学専門医として診療の充実、これまで通り各一般内科疾患の管理 総合内科専門医として各専門医との連携強化 リウマチ指導医専門医として最新 最良のリウマチ医療の提供に努めて参ります。本年も数多くの患者様に御来院頂き誠にありがとうございました<(_ _)>

2018-12-31 15:06:00

とうえい外来   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント