医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来»  ...メソトレキサートと口内炎

...メソトレキサートと口内炎

...メソトレキサートと口内炎

関節リウマチの治療中でありました堀ちえみさんが口腔がんⅣ期で現在治療中ですが、当院を含めて特にメソトレキサートに因る口内炎から口腔がんになることを心配される方が増えています。先日もHPで公開しました様にリウマチ全体の治療が悪性腫瘍を誘発する因果関係は証明されていません(詳細➡http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/496メソトレキサートを中止して→リウマチそのものの病状の悪化→免疫異常の亢進→発がん性上昇…といった逆のリスクが出現します。
        
関節リウマチがしっかりコントロールされている人程 感染症やリンパ腫 悪性腫瘍の発生率が寧ろ低いと言われております。メソトレキサート内服中の方は口腔がんを心配して自己中断されず(メソトレキサートに因る口内炎は葉酸の内服やパンビタン末の服用で相当軽減されます)、主治医とよくご相談する事をお勧めします。堀ちえみさんが全快される事を心よりお祈りいたします<(_ _)>

2019-02-27 15:05:00

とうえい外来   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント