医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来»  ...今年に入り何故か?当院へ転医を希望される患者さんが増加中。

...今年に入り何故か?当院へ転医を希望される患者さんが増加中。

...今年に入り何故か?当院へ転医を希望される患者さんが増加中。

今年に入り、DXAの骨密度測定器の導入以外は特に当院の診療内容は大きく変わってはおりませんが、何故か?今年に入り他院にて治療中の患者様が当院での治療を希望され(他院宛ての紹介状持参で来られる方も(^_^;)…)来院される方が増加しております。現在 通院中の関節リウマチ患者様が300名を超え、3ヶ月で生物学製剤の使用例が一気に10例増加。4月のETNバイオシミラーの流通の増加を見据え、叉易感染性の高齢の方も増えた為…
  
10例➡18例とエタナルセプト投与患者さんが急増しております。一方で経口JAK阻害剤でありますバリシチニブも通常量4mgの半量の2mgで効果があるとの報告と自己注射のストレスの軽減、コストカットの観点から2mg/日投与患者さんが増加しております。より安全により有効により安価に今後も最新のリウマチ医療を御提供して参ります<(_ _)>。

2019-03-16 15:18:00

とうえい外来   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント