医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  講習会・勉強会・資格認定»  ...大阪免疫セミナーに参加して参りました。

...大阪免疫セミナーに参加して参りました。

...大阪免疫セミナーに参加して参りました。

3月6日(水)に関節エコーの最新の話題を聴講するべく大阪免疫セミナーに参加して参りました。セミナーのメインは関節エコーの権威ある先生の御一人であります北播磨総合医療センターの三崎健太先生の特別講演でした。関節エコーの基礎から今後の若手の先生への関節エコーをどうレクチャーするか、海外の関節エコーの研修プロジェクト、スペインのバルセロナまで関節エコーの修行(留学)に行かれ最新の知識を習得された事から苦労されたお話等 大変楽しく聴講させて頂きました(^_^)/
 
関節エコー無くしてリウマチの早期発見 早期治療の実現は難しく、骨破壊ほ来す炎が燃え広がる前に小さな焚き火の段階で早期発見し治療すべきと御話されました。実際に三崎先生が関節を触診され関節の腫れ無し痛み無しと診断し、その後関節エコーを施行しますと…なんと!25.6%に滑膜肥厚、13.7%に炎症シグナルを認め、はっきりと『関節エコーを施行しなければ誤診をしていました』(◎_◎;) と御話されました。多くの論文で報告されている様に触診とレントゲン 血液検査を用いた大変厳しい寛解基準を用いても20%以上の関節が変形し骨破壊を来してしまうとの事。
 
早期の段階でしっかりメソトレキセレート投与とコスト的に可能であればTNF製剤でありますアダリムマブを導入する事で早期関節エコー寛解が得られ骨破壊と変形を抑止出来る事もお話されました。MTXとサラゾスルファピリジンにて非寛解でコスト的に難しければイグラチモドによる薬物療法の強化を…できれば早期寛解に関節エコーガイド下 トリアムシノロンアセトニドの積極的な局所注射も入れて欲しかったですが(-_-メ)…。本日聴講した内容を明日の東永関節エコー診療に是非生かして参ります!三崎先生貴重な御講演ありがとうございました<(_ _)>。座長の中澤先生も色々と御教授頂きありがとうございました<(_ _)>。

2019-03-11 07:46:00

講習会・勉強会・資格認定   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント