医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...第33回なにわリウマチフォーラムにて口演発表して参りました。

...第33回なにわリウマチフォーラムにて口演発表して参りました。

...第33回なにわリウマチフォーラムにて口演発表して参りました。

○○病院リウマチ科部長の○○先生から急遽オファーを頂き、丸々同じスライドを提示する訳には行かず、突貫工事状態で連日残業でスライドを作成し当日に何とか間に合わせ発表へ(◎_◎;)
  
臨床的に関節リウマチの診断基準を満たしても、そこから関節エコーをしっかり行い、画像的に滑膜炎の存在とその炎症来している関節数が診断に十分満たしているかを観察する事との重要性について御話しました。
  
叉最近は乾癬性関節炎の患者さんが増加傾向にあり、関節リウマチとの炎症の首座が異なる事や関節エコーでそれが可能である事、乾癬性関節炎を含めた血清陰性型脊椎関節炎に合併するアキレス腱付着部炎は関節リウマチの付着部炎と比較して抗リウマチ薬の効果が認められない➡機械的刺激にてアキレス腱周囲からサイトカインが放出され滑液包炎を来す➡事からエコーガイド下でのステロイドのアキレス腱下の踵骨後部滑液包に局所注射の有効性を最新の文献と共に報告しました。
  
関節エコーを用いた鑑別診断を当院に実際に来院された患者さんを主に報告。特に触診では中々解らない、変形性関節症と関節リウマチの鑑別やこれら2つの病態が合併している症例の関節エコー所見も提示しその画像所見について解説。最後は800例に到達したrトリアムシノロンアセトニドの関節局所注射についても報告しました。
  
発表途中で急いで突貫工事でスライドを作成した為か、発表用のスライドが2枚消失(◎_◎;)しており、口演が中断してしまいましたが、偶々バックアップのフラッシュメモリーを持っていた事と主催メーカーさんの迅速な御対応<(_ _)>で復活し何とか時間内に終了しました(^_^;)。発表後は色々と御質問を頂き、いつも大変お世話になっております総合医療センター部長の後藤仁志先生から色々と御教授頂き発表は無事終了となりました。先生方メーカー様色々と御助け頂きありがとうございました<(_ _)>。

2019-04-11 00:16:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント