医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  闘球クラブ»  ...王者ニュージーランド オールブラックスがまさかの敗退

...王者ニュージーランド オールブラックスがまさかの敗退

...王者ニュージーランド オールブラックスがまさかの敗退

日本ラグビーの快進撃に刺激され、ラグビークラブチーム引退前に気持ちだけ蘇り(ボロボロの関節と古傷は蘇らず)調子に乗ってスピード上げて走っておりましたら軽い肉離れを引き起こしてしまいました(T_T)…走れない辛い生活を過ごす一方で、その時間をスライドや抄録作成に振り替え 少し時間に余裕が出てきております(^^;)。勿論ワールドカップの試合も自宅に籠り齧りついて見ておりました。準決勝のニュージーランドvsイングランド戦は開始早々からオールブラックスの『ハカ』に対して挑発するようにイングランドがV字型の陣形で取り囲み、かなり異様な状況で開始となりました。
   
イングランドのディフェンスは想像を絶する程激しく、いつものオールブラックスの試合を全くさせず、イングランドがターンオーバーを連発し相手のペナルティを誘う展開に(◎_◎;)。ペナルティキックで点数を重ね、かつて未勝利のオールブラックス初めて撃退しイングランドが決勝進出(@_@)。今回はイングランド代表率いているエディHCは、前回のワールドカップで日本代表を率いて南アフリカ戦を勝利に導き本当に名将ですね(^^)。10月27日は日本代表を破った南アフリカvsウェールズ戦を楽しみにしております(^^)v。

2019-10-29 08:42:00

闘球クラブ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント