医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来»  ...当院の安全で安心の外来待合室の取り組みと御協力のお願い

...当院の安全で安心の外来待合室の取り組みと御協力のお願い

...当院の安全で安心の外来待合室の取り組みと御協力のお願い

この記事は当院 掛かりつけ患者様 専用ページです。

コロナウイルス感染症が拡大し、多くの基礎疾患を有する高齢の患者様関節リウマチ等で免疫抑制剤治療中の患者様が待合室での待機を心配され通院を躊躇される事が大変多く見受けられます。薬が途絶えて持病の高血圧や糖尿病の悪化、関節リウマチの患者さんに於いては生物学製剤が無くなっても通院されずリウマチの病状悪化される方もおられます。何故に通院をためらうのでしょうか??理由として大きく3つ挙げられます
  
①外来待合室で待機している間にコロナウイルスに感染してしまうのでは?…
②熱は無く軽い風邪や花粉症で受診したいが咳 鼻水では周りの人に気を遣う…
③熱があるというだけでどこも診察してくれない。接触者センターに連絡しても…


これらの不安を払拭すべく当院では『安心・安全な外来待合室』の取り組みを行い、発熱 風邪症状患者さんと一般患者 関節リウマチ患者さんと動線を分けたゾーニング診療を行っております。

これまでは一旦待合室に入室して頂き、外来(表)窓口で病状を確認しておりましたが、風邪症状や発熱患者さんの待合室への入室を控えて頂く為受付裏窓口を設けております。そこで問診を行い一般待合室(緑枠のグリーンゾーン)発熱無し診察室(黄色枠のイエローソーン)防火扉で完全隔離された発熱診察室(赤枠のレッドゾーン)飛沫防止の為のPCR検査対応ゾーン(屋外ゾーン)4つに振り分けします。発熱で診察を希望される方(当院の掛かり付け患者限定)は事前にお電話をお願いします。
     
大変御不便をお掛けし誠に申し訳ありませんが、来院時は入室前に、黄色矢印窓口をノックして頂き、『定期診察希望』『リウマチ初診 一般内科初診』『風邪症状(熱無し)』『花粉症 喘息 頭痛 腹痛』の御申告をお願いします。問診とダブルチェックで非接触型体温計で体温を測定させて頂きます。熱の無い一般患者さんは通常入り口からグリーンゾーンへ入室頂き、熱の無い『風邪 花粉症 喘息 頭痛 腹痛』の方は駐車場を進んで頂き、奥の赤矢印発熱・風邪外来の入り口からの入室をお願いします。お電話されず直接御来院発熱の方(掛かり付け患者限定)は一旦ご帰宅頂き、こちらから指定のお時間に再度御来院頂き、発熱外来(屋内又は屋外で診療致します。
   
グリーンゾーンの一般外来待合室(発熱 風邪症状の方は入室不可)     イエローゾーンレッドゾーンの入り口  PCR対応ゾーン
発熱の無い(解熱剤服用の場合は内服後24時間以上発熱無しが条件)風邪症状 胃腸症状 花粉症等の方は当院スタッフが裏口から専用の診察室へご案内します。診療後の投薬、会計も診察室で行いお帰りの際も奥の出入り口から御帰宅願います。発熱の患者さんには『コロナウイルス感染症対策』としてレッドゾーン又は屋外PCR対応ゾーンに於いて予防着の着用にて診療致しますので御理解と御協力をお願いします(発熱外来終了後は換気と消毒を徹底しております)
    
黄色の矢印から発熱無しの風邪患者さんはイエローゾーンに入室。レッドゾーン診察室PCR対応ゾーンでは院内感染予防の為フル装備で診察します。

当院の患者さんがPCR検査(鼻咽頭ぬぐい液又は唾液)が陰性であっても直ぐにグリーンゾーンへの入室は控え、日本産業衛生学会の提言の元『症状出現後8日以上経過 且つ薬剤の服薬無しで無症状が3日以上経過』してからグリーンゾーンへ入室して頂いております。7月までのこの5か月間 幸い当院でのコロナウイルス感染者はゼロでありました。
 
色々と皆様には御不便をお掛けしますが、ゾーニング診療による院内感染予防の徹底により 高齢の方やリウマチ患者さんが安心安全に通院と待合室で待機ができます様、御協力の程よろしくお願いいたします<(_ _)>。

*『掛かり付け患者』さんの定義としては『当院へ1年以内の受診歴(一般外来で今後 受診頂いた方は掛かり付けとさせて頂きます)がある方と掛かり付け患者さんの御家族様』とさせて頂いております*

2020-07-01 00:32:00

とうえい外来   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント