医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来»  ...コロナウイルスの最新の話題その2

...コロナウイルスの最新の話題その2

...コロナウイルスの最新の話題その2

非常事態宣言が発令され、初めての週末となりますが東京だけでなく大阪も毎日コロナウイルス感染症患者が多く発生しております。全く油断はできませんが、米国や欧州に比較して重症患者や死亡患者数は未だ圧倒的に少ない状況で最初に中国から流入した毒性の低いS型が流行し部分免疫が獲得された状況で欧州から毒性の高いL型が流入しても重症死亡例が少ないのでは?とされています。もう一つは本邦の医療レベルの高さとコロナ感染症の最前線で尽力頂いている医療スタッフの皆様の御蔭と思われます。最新の報告での重症例の症状としましては…
   
やはり高熱の持続、気管が焼き付く様な咳、肺炎の増悪に伴う呼吸苦が挙げられます。有名人でコロナウイルスに罹患された方が多く有した嗅覚障害や味覚障害も3人の1人の確率で出現する様ですが、重症化のリスク因子にはならない様です。血液検査としましては末梢血のリンパ球数の減少…特に白血球全体が上昇するにも関わらずリンパ球が500個未満まで減少すると重症化すると報告されています。
 
炎症マーカーのCRPが上昇しプロカルシトニンが低下、凝固系検査のDダイマーやプロトロンビン時間の亢進も重症化のリスクとなるとの事。その他の生化学検査ではLDH(乳酸脱水素酵素)上昇も重症化のリスク因子と報告されています。一方で感染しても軽微で改善する人…特に若年者の重症率は低いのですが、コロナウイルスの感染症と気付かず ただの感冒(風邪)症状と思い軽快して外出し密閉密室密接する場所に行ってしまいますと…
 
ウイルスをまき散らして多くの人に感染させてクラスター化してしまう可能性があり、インフルエンザウイルスであれば解熱して48時間(2日間)経過すれば感染の恐れはありませんが、コロナウイルスですと治癒し無症候化しても約2週間、長いと3週間も(◎_◎;)ウイルスの排泄が続くと報告されています
  
ましてやマスクもせずクシャミや咳をしますと相当量のウイルスを飛散させると言われています。軽症の風邪症状の方も自宅待機を促す為 片っ端からPCR検査を行うべきですが…現在の検査のシステム上は物理的に困難であり、やはり緊急事態宣言中の今こそ外出を極力控える事が重要と言えます。

2020-04-12 17:28:00

とうえい外来   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント