医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...社外講師招聘勉強会にて講演して参りました。

...社外講師招聘勉強会にて講演して参りました。

...社外講師招聘勉強会にて講演して参りました。

昨年に続き、1月20日に他社製薬メーカー様の社外講師招聘勉強会に行って参りました!今回も壇上に上がっての講演ではなく、着席形式でお話しました。会議室で約20名の学術担当の方と近い距離でお話できました。

  関節エコーの有用性だけでなく、最近のジャーナル(医学論文)の報告も盛りだくさんでお話しました。


自覚症状と関節エコー所見は全く合致しない報告。炎症シグナルが関節面に近い程関節破壊が進行する。足趾2番と5番MTP関節の観察が早期リウマチの発見に繋がる...。学術担当の方々にもこれら最新の関節エコージャーナルに興味を持って頂けました。


大関節が時に弱点になる事 バイオ製剤投与前後にエコーを使用する事で構造的寛解の評価が容易に可能になり、また関節エコーに因るリウマチ以外の鑑別診断も可能と解説…。

上記のスライドを用いて約45分講義しその後に建設的な御質問をたくさん頂き、楽しくディスカッションできました。また機会がありましたら関節エコーの普及活動を行って参りたく思います。この様な発表の機会を頂けました事に感謝申し上げる次第です。ありがとうございました。





 

2016-01-20 23:41:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント