医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来»  ...当院の関節局注療法 施行数が1600関節に到達しました!

...当院の関節局注療法 施行数が1600関節に到達しました!

...当院の関節局注療法 施行数が1600関節に到達しました!

本年9月に1500関節越えから3か月でトリアムシノロンアセトニド局注療法が1620関節に至りました(^O^)/腱断裂や穿刺後の感染症の合併は一切無。エコーガイド下で関節穿刺を行う事でより安全により確実に効果を出す事が可能となり、多くの関節リウマチ患者さんに大変喜んで頂いております

現状の関節リウマチ治療を変更(薬剤の増量や追加)をする事なく最低限の医療コストで最大限の治療効果を引き出す局所注射療法は関節リウマチ治療に絶対必須のスキルと言えます。メジャーな関節から難易度の高い関節や腱鞘滑膜まで幅広く局注療法を行っております。2020年最終診察日の12月30日の時点での総治療関節数は1620関節で、2020年の治療関節数も457関節最大の治療件数となりました。

今後もより局注療法の適応関節を見極め、早期診断 早期治療介入を行って参ります。重症の病状で転医して来られる関節リウマチ患者さんに対しても生物学製剤 JAK阻害剤との関節注射 同時併用療法にて劇的な効果を(◎_◎;)発揮しております。

今後も少しでも多くの関節リウマチ患者さん痛み 腫れ 可動域制限速やかな改善骨破壊の進行抑止の為 更に経験を積んで技術に磨きをかけて参ります<(_ _)>。

2021-01-03 13:43:00

とうえい外来   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント