医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...JAK阻害剤ウパダシチニブ発売1周年記念講演会に…

...JAK阻害剤ウパダシチニブ発売1周年記念講演会に…

...JAK阻害剤ウパダシチニブ発売1周年記念講演会に…

2021年6月9日にウパダシチニブ発売1周年記念講演会基調講演として、発表して参りました!当日の演者の控え室には関西の関節リウマチのエキスパートの先生方に加えてWEB参加も含めて大勢おられ少し緊張(^^;)致しましたが…
  
時間通り講演が開始され、関西一円の講演会との事で、当院の宣伝も含めまして東淀川区マップを用いて地理的状況と東淀川区内に『リウマチ科』が14件もある激戦区内で開業している事も紹介致しました。
  
激戦区でのリウマチ診療ながら通院患者数は毎年増加しており、特に他院で加療を受けるも改善されず多剤抵抗性の病態の患者様が当院への転医希望され必然的にJAK阻害剤ウパダシチニブを投与せざるを得ない事も御話しました。1年間で27例同剤を処方し、24週間以上経過観察できた多剤抵抗性14例について報告して参りました。
  
14症例の背景としては多剤耐性難治性の病態に加え高活動性で骨破壊マーカーのMMP3値が大変高値である事を報告、ウパダシチニブの発売を待ちに待って投与したところ天地がひっくり返る(^^;)位ビックリするほど著効し48週(1年間)寛解を維持できている症例も報告致しました。
  
ウパダシチニブの文献以上に当院の多剤抵抗性 難治例の奏効率、深い寛解至った率が高かった事を報告すると共に、やはりJAK阻害剤も完璧な御薬では無いので、効果が無かった症例についても報告しました。
  
JAK阻害剤最大の弱点であります帯状疱疹ヘルペスにつきましても当院で少数ながら1例発生したことを報告し、今後の長期の効果持続性と安全性について座長の小谷卓也先生と共にディスカッションを行い、制限時間20分間ピッタリで無事講演は終了となりました。

2021-06-25 08:25:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント