医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  とうえい外来»  ...3台目の関節エコー機購入検討中

...3台目の関節エコー機購入検討中

...3台目の関節エコー機購入検討中

当院の関節エコー診療の屋台骨であります関節エコーで卓上型の旧東芝Viamoも画質的に経年的変化が出だしつつあります。一方でリウマチ発症前に見られます僅かな異常血管のシグナルを検出する力は衰えてはおらず、まだまだ頑張っては貰いますが、初診の病的血流検出にはViamoを、関節注射や関節病変の詳細な評価にはXarioを、その中間的役割を担う関節エコー機の導入を検討中。
 
デモ機を何台か持ってきて頂いておりますが、8年間で10000件以上関節エコーを行っておりますと、僅かな炎症シグナルを検出する機器に強く拘るものの、新機種のBモード(炎症シグナル無の画像)の綺麗さに魅せられてしまい...しか~し、新型のエコー機は滑液包や腱 軟骨等の軟部組織は明瞭に描出されますが、炎症シグナルの出方がやはり弱い(-_-;)。
 
関節エコーの画質調整に必要なヘルツ数やレンジ数の条件を完全に一致させても血流シグナルの検出力は現在使用中のViamoよりかなり劣る事、旧東芝Viamoの便利なタッチパネル式と比較し、新機種はタッチパネル式が無く、ボタン操作が面倒で…機種選びにかなり難航しております(-_-;)。納得いく機種が出てくるまで、妥協せずエコー機をしっかり吟味して参ります<(_ _)>。

2021-09-13 11:23:00

とうえい外来   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント