医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...JAKi ERA starting from osakaに参加して参りました(座長編)

...JAKi ERA starting from osakaに参加して参りました(座長編)

...JAKi ERA starting from osakaに参加して参りました(座長編)

10月30日(土)に関節リウマチ研究会『 JAKi ERA starting from Osaka 』にて座長を担当して参りました。本邦の『関節リウマチと骨粗鬆症の最先端医療』のオピニオンリーダー的存在であります 大阪大学大学院医学系研究科運動再生医学講座の特任講師の蛯名耕介先生に御講演頂きました。

現在当院でも難渋しております多剤耐性関節リウマチmigi⇒Difficult RAの傾向について疾患活動性が高い・女性・診断~治療まで時間がかかった・メトトレキサートが使用できない・肺病変を有する・経口のステロイドを服用している事が挙げられとお話されました。
 
またこれらの難治性病態にはTNF製剤やIL-6製剤といったシングルサイトカインを抑制する生物学製剤を投与しても効果が得られず、IFNγ IL-17 IL-23 GM-CSF IL-1β等のサイトカインを広範囲に抑制する必要性があり、JAK1/JAK2を抑止する事が重要とお話されました。その他JAKに纏わる最新の研究明日からの臨床に役立つ内容まで大変解りやすく御講演頂きました<(_ _)>

2021-11-20 23:08:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント