医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

土曜午後1:30-5:00 関節
リウマチ専門外来のご案内
平日お忙しい患者様対象に特化しました専門外来です。
紹介状や予約は御不要。
関節リウマチでお困りの方は是非受診ください!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...第9回リウマチWEBセミナーにて講演して参りました。

...第9回リウマチWEBセミナーにて講演して参りました。

...第9回リウマチWEBセミナーにて講演して参りました。

11月27日に開催の淀川キリスト教病院主催第9回リウマチWEBセミナーにて講演して参りました。今回はリウマチ診療の中での骨粗鬆症…特にステロイド骨粗鬆症について御話して参りました。当日は外来が混雑しましたが、何とか時間内に新大阪の講演会場に到着致しました(^_^;)
  
会場に到着しますと綺麗なクリスマスツリーが飾られており、講演の打ち合わせの後 少し時間がありましたので記念写真を撮ってしまいました(^_^;)。今回の講演のテーマ『関節リウマチ診療に於けるステロイド骨粗鬆症』であり、関節リウマチの病態として自己反応性リンパ球に因る過剰な免疫物質(IL-6やTNFα)が産生放出破骨細胞が活性化し関節局所から全身に骨粗鬆症を来し...(因ってリウマチ友の会機関紙でも合併症の1位が骨粗鬆症(-_-;)
  
その病状に対して更に経口ステロイドを服用し続ける事でより骨芽細胞のアポトーシス(細胞死)の亢進破骨細胞の分化増殖 機能亢進+加齢性と臓器(特に腎臓)機能低下⇒Caバランスの低下⇒2次性副甲状腺機能亢進症…これらの多方面からの骨粗鬆症の病態形成について御話しました。日本リウマチ学会でも経口ステロイドを処方する場合は最短期間 最少量に限定し投与する事を強く推奨しております。
  
またステロイドを服用しておりますと、免疫物質の中でも疼痛に関連するケミカルメディエイターがマスクされる事から脊椎骨が少々潰れても全く痛みが出現せず完全ぺっちゃんこに脊椎骨が潰れても僅かな痛みしか感じないのがステロイド骨粗鬆症の大変怖いところです。骨密度が全く正常で骨折する事がしばしば見られ、骨密度だけで無く服用中は定期的に胸腰椎X線検査が必要である事を御話しました。
  
骨粗鬆症の予防治療ガイドラインでスコアが3点以上で、骨芽細胞のアポトーシスの抑制骨形成作用を回復させる働きを持つビスフォスフォネート製剤の中でもRCT解析から骨密度の増加と骨折抑止効果が証明された事からアレンドロネート リセドロネート第一選択薬に選ばれた事を御話しました。静脈注射製剤でありますイバンドロネート(商品名ボンビバ®)は代替え薬とされておりますが…
  
ステロイド骨粗鬆症に対するイバンドロネートの効果を検討した文献ではイバンドロネート2mg 58例 vs アルファカシドール1.0μg57例 36か月投与後の腰椎 大腿骨頚部のBMDと踵骨の剛性新規椎体骨折の予防率を比較検討したところイバンドロネート群がアルファカシドール群と比して有意に腰椎 大腿骨頚部BMD上昇し、踵骨の剛性 新規椎体骨折予防率有意性を示し有害事象には有意差は認められなかったことを報告しました。 
  
その他のビスフォスフォネート製剤でゾレドロネートミノドロネートのステロイド骨粗鬆症に対する効果を示した文献も紹介。ミノドロネート50mgを4週1回120例(治療中68例+予防52例)12か月投与後の腰椎 大腿骨頚部のBMDと骨代謝マーカーの推移をを比較検討した報告では…ステロイド骨粗鬆症に対し12か月投与にてナイーブ群スイッチ群共に腰椎BMDが有意に増加。大腿骨BMDは全体的に有意差は無かったが、低YAM値群では大腿骨BMD値の有意に増加ミノドロネートはステロイド骨粗鬆症に効果的な治療法である事が示唆された事を報告しました。
  
代替え薬の4番手に位置するアルファカルシドールですが、より強力に骨密度を上昇させるエルでカルシトール(商品名 エディロール®)が何故ガイドラインに入っていないのか?ステロイド骨粗鬆症に対するエルデカルシトールの効果を検討した文献を紹介。アルファカシドール1.0μg182例 vs エルデカルシトール0.75μg178例 24か月投与後の腰椎 大腿骨近位部 大腿骨頚部のBMDと骨代謝マーカーの推移をを比較検討した文献では…
  
ステロイド骨粗鬆症に対しエルデカルシトールの24か月投与にてアルファカシドール群に比して腰椎 大腿骨近位部 大腿骨頚部のBMDは有意な上昇を認め、骨代謝マーカー有意な抑制が見られ有害事象高Ca血症多い傾向にあった事を報告。エルデカルシトールステロイド骨粗鬆症に有用であり、今回本ブログで紹介できなかった数多くの有用な薬剤が存在し現在ステロイド骨粗鬆症の新ガイドライン策定中である事もお話しました。
 
ステロイド骨粗鬆症の最良の治療方法は当院で最も重要としております『関節リウマチ患者さんに対して易々と経口ステロイドを使用せず、抗リウマチ薬による早期治療介入関節注射を積極的に行い、ど~してもステロイドを処方しないといけない場合は最小量を最短期間に留めるべき』とお話しし時間通りピッタンこで終了となりました<(_ _)>

2021-12-16 00:25:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント