医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...第15回リウマチ病診連携の会

...第15回リウマチ病診連携の会

...第15回リウマチ病診連携の会

4月4日(土)リウマチ病診連携の会にて講演して参りました!

関節エコーの普及活動の一環として済生会吹田病院主催の病診連携の会で発表して参りました。

【抄録】
関節リウマチの治療は革新的に進歩しており、めざましい発展を遂げている。一方で早期寛解の為に関節リウマチの早期診断が大変重要であり、関節エコーに依る早期診断の有用性が益々高まっている。欧米では関節エコーの普及率は95%以上で、リウマチ医の聴診器と言われている一方、欧米に比して日本の関節エコーの普及率はたったの10%にも足らず、欧米と比較して10年以上遅れていると言われている。関節エコー用いた診療の普及と向上は急務であり、日常リウマチ診療に於ける関節エコーの有用性と具体的事例について報告する。


結構たくさんのドクターが来られてました。関節エコーの御存じない先生がたくさんおられ、少し驚きました。
 
如何に早い段階での関節エコー診断と治療介入の必要性(左スライドの赤いはエコー早期診断にて従来の治療よりも早く少量の薬で寛解に繋がる事を説明)や、単関節炎特に手関節炎(右のスライド写真)は関節エコーにて容易にリウマチ診断が出来る事も説明して参りました。

執りは母子リウマチ膠原病大家の村島温子先生の講演でした。大変解り易い内容でした。

2015-04-18 17:17:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント