医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター
トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連»  ...町医者関節エコーソノグラファーですが、共同臨床研究に参加しました!

...町医者関節エコーソノグラファーですが、共同臨床研究に参加しました!

...町医者関節エコーソノグラファーですが、共同臨床研究に参加しました!

町医者でありながら関節エコーの実績?を認められ?昨年11月に関西関節エコーエキスパートサミットSAKURAの会のメンバーに加入させて頂きました。単なるエコー検査をするのでは無く、今回は生物学製剤にて病状が安定している患者さんの中でどういった患者さんがバイオ製剤から離脱出来又どのような患者さんが中止後再燃してしまうのかを関節エコー所見から共同臨床研究を行おうと始まりました。

それがプラウドトライアルです。和文研究名は 『関節リウマチ患者に対する関節エコーを用いたアダリムマブ休薬寛解についての検討』


当院では1例目を本年2月10日、2例目を3月1日に登録し同日から臨床試験を開始致しました!

 
ヒュミラ®投与にて臨床的構造的寛解に至った症例  肩峰下滑液包炎(左写真) 第2中足趾節関節炎(右写真)

新薬の効果の検証ばかりが臨床試験では無く、医療経済全体を考慮し又患者さん個人の自己負担額軽減を目的とした休薬臨床試験も大変重要と考えます。治療薬を一律に揃える為 今回の中止のバイオ製剤はアダリムマブ(ヒュミラ®)に限定させて頂いております。共同研究参加医療施設は大阪市大病院 京都大学病院 奈良医大病院 関西医大病院 北野病院...東永内科リウマチ科..他であります。博学多才の大病院の先生方に刺激を頂き頑張って参ります。

他院でヒュミラ®を使用されている患者様で病状が安定されており休薬を試みたい方がおられましたら、御遠慮無く当院まで御相談下さい。06-6329-0116 東永内科リウマチ科にてお待ちしております。

2016-03-09 00:00:00

講演・学会発表関連   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント