医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

悪玉コレステロールは高い方が良いの?低い方が良いの?

成人病やメタボ症候群で問題になっている悪玉コレステロール。値が高いと動脈硬化になり、心臓病や脳卒中に注意!と言う医者もいれば、悪玉コレステロールが高い方が長寿になり、低いと反って長生きしないという医者もいますが、真実はどうなんでしょうか?

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話 LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

LDLコレステロール、通称『悪玉コレステロール』動脈硬化を促進する悪い奴…というイメージがありますが、生体ホルモンでも長寿と関係が深いDHEA(ジヒドロエピアルドステロン)と言う老化予防ホルモンや、免疫や炎症を制御するステロイドホルモン、また認知機能骨代謝にも影響する男性ホルモン(テストステロン)原料であり、LDLコレステロール老化予防ガン免疫から骨粗鬆症認知症予防まで幅広く活躍しているのです。LDLは高い方が良いのでしょうか?それとも低い方が良いのでしょうか?

 

動脈硬化疾患の筆頭である、心筋こうそくや、脳こうそく、また病気全体とLDL値との関係は?

図1 心臓病死とLDL値との関係

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話
(東海大学医学部 大櫛陽一教授著 長寿の為のコレステロールガイドラインから改編)

LDLコレステロールの正常値は80以上~140未満

心臓病、特に心筋こうそくではLDLコレステロール値が高いほど死亡率が高くLDL値が低いほど、死亡率が低い。やはりLDLは悪いやつ??

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

図2 脳卒中死とLDL値との関係

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

脳卒中死では全く逆の結果に!!LDLコレステロール値が高いほど死亡率が低く、反対に低いほど、死亡率が高い??LDLは脳卒中の救世主??
(大櫛陽一脂質栄養学、2009;18:21-32から改編)

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

図3 全疾患とLDL値との関係

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

全ての病気からの総計では、正常からやや超える120~140mg/dlが最も長寿で、高すぎる180以上よりも、低すぎる100~80以下の方が死亡率は高い事が判明しました。やはり高い方が長寿??

それでは科学的なコレステロールの目標値は??

日本動脈硬化学会は下記の様に7つの危険(リスク)因子から、該当項目を加算してLDL目標値を設定しています。

(1)年齢男性45歳以上 女性55歳以上 (2)高血圧 (3)糖尿病 (4)喫煙 
(5)心臓病の家族歴 (6)低善玉コレステロール (7)他の動脈硬化症(脳、血管、腎臓)

  危険因子 目標LDL
低リスク 0 160未満
中リスク 1~2 140未満
高リスク 3以上か糖尿病 120未満
最高リスク 心臓病の既往 100未満

一方で100歳以上の長寿者の多くはLDLの値が120~140mg/dlが最も多く、100未満は少なく、一方で160以上の方もおられませんでした。

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話 LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

心臓病、特に狭心症があれば図1の様に死亡率が高くなるため、LDLコレステロールを100未満に低くする事が推奨され、逆に、特に持病がなければ、最も長寿値である160未満に設定しており、日本動脈硬化学会のガイドラインの妥当性は高いと言えます。
しかし年齢が高いだけで、少し血圧が高いだけでも140以上から治療薬を開始にするのは基準が厳しいと日本脂質栄養学会は反論しています。因みに脂肪食を沢山摂取するアメリカ合衆国ではLDL180以上まで治療しないのです。LDLの理想値は?

★☆★☆★


心臓病(特に狭心症)をお持ちの人・・・理想LDL 100未満

糖尿病持ちの人・・・理想LDL 100以上120未満

血圧が高い人 煙草吸う人・・・理想LDL 120以上140未満

それ以外の人  ・・・目標LDL 140前後

*東永内科リウマチ科では上記目標値を推奨しています*

 

それではコレステロールを下げる薬を長く飲んでも人体にとっては大丈夫なのでしょうか?

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

悪玉LDLコレステロールが高過ぎる場合は、適度に下げる必要があります。食事や運動療法でも下がらなければ、薬の適応となります。ではコレステロールを下げる薬を長く飲んでも人体にとっては大丈夫なのでしょうか?この不安と疑問を払拭する大規模な臨床試験が2005年に実施、発表され、コレステロールの薬の長期安全性が統計学的に証明されました。

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

(AHA米国心臓協会年次集会 プラバスタチンにおける1次予防 MEGA Studyから抜粋)

(1)薬を内服しない食事療法だけのグループ3,966人

(2)食事療法+コレステロールの薬を服用したグループ3,866人

この2つのグループを6年間追跡調査し、心臓病や脳こうそくによる死亡率、副作用発生率や追跡中のガン発生率を比較しました

6年経過中の肝臓障害、腎臓障害を含めた臓器障害の出現率

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話 LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

(1)の食事群、(2)のクスリ服用群ともに臓器異常の差は無く、長期内服による副作用や臓器障害は特に心配は無いと言えます

6年間経過中のガン発生率

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話 LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

(1)群、(2)群共に統計上は有意差無く、コレステロールのくすりを服用中にはガン発生率が上昇する事はありませんでした!!

6年間経過中の心臓病+脳こうそく発生率

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話 LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

コレステロールの薬を服用している群の方が食事群よりも約30%心臓病、脳こうそくの発症率が減少しました。

6年間経過中の総死亡率

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話 LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話

コレステロールの薬を服用している群の方が食事群よりも約28% 総死亡率を抑制した結果となりました。
コレステロールを下げる薬を長期内服する事による、臓器異常を来す副作用(アレルギーや短期的副作用は除く)や、発がん作用の心配は無く、逆に長期内服する事で心筋こうそく、脳こうそく、その他死亡率を有意に予防しました
クスリが必要な方は、アレルギーや蕁麻疹などの短期的副作用が無ければ、長期安心して内服できると言えます。
高血圧のくすり、糖尿病のくすりも同様に、長期安全性、疾病予防の報告があります。
しかし薬物治療だけでは無く、食事運動療法が基本です。

LDL悪玉コレステロールとアンチエイジングのお話



2013年5月 東永内科リウマチ科