医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
関節リウマチ外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による4つのポイントを重視した関節リウマチの 専門診療を行っております。

 

土曜午前9:00-午後3:00関節
リウマチ専門外来のご案内
平日お忙しい患者様を対象とした関節リウマチに特化しました土曜専門外来です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

当院のご案内

当院の診療方針


 当院の診療方針
(1) 日本リウマチ学会 リウマチ指導医 リウマチ専門医として29年間のリウマチ診療の経験の元 早期診断 治療 寛解を目指しております。第1期リウマチ学会認定ソノグラファー(関節エコー専門医)として関節エコーを用いた早期診断と治療評価にも力を入れています。2013年6月に関節エコーを導入して以降2024年度6月末の時点でエコー検査数は5,130であり2024年2月からは最新機種のAplio meを導入 卓上型とステーション型併せて3台体制で関節エコー診療行っております。患者様の痛みの軽減と関節破壊予防からトリアムシノロンアセトニドのエコーガイド下関節内注射療法を2024年6月末時点で5,080関節施行しリウマチ治療の一環として積極的に行っております。又必要に応じ安全管理の下で分子標的治療薬も提供致します。
 
(2) 関節リウマチの治療評価、合併症の予防予見に必要血球検査 CRP 生化学検査(肝機能 腎機能 筋酵素CPK リンパ腫酵素LDH) 血糖検査即日7分で結果をお伝えしております。関節エコー レントゲン検査も即日結果が判明 CT、MRI等の画像検査が必要な場合は、解析度が高い最新検査機を有する提携医療機関を紹介内視鏡検査が必要な場合は内視鏡専門医を紹介しております。
 
(3) 本邦第1期日本骨粗鬆学会 認定医として最先端骨粗鬆症診療を行っております。最新式DXA法を用いた全身骨密度測定機(腰椎 大腿骨 前腕骨)Chorale Dxa system骨粗鬆症の病状 骨折危険度を評価し、検査結果を即日御伝えしております。患者様の年齢 病状 基礎疾患 重症度 骨代謝 カルシウム代謝に応じた、お一人お一人に適した最新最新治療提供しております。
 
(4)
専門医療が必要な場合は登録医であります淀川キリスト教病院 済生会吹田病院 北野病院 関西医大病院 市立総合医療センター 国立循環器病センター 大阪大学病院、大阪医科薬科大学病院へ紹介しております。2012年12月に東永内科リウマチ科改名以来2024年6月時点で7,500枚以上の紹介状(診療情報提供書)を作成し適切な時期に適切な専門医を御紹介しております。
 
(5) 当院は外来診療だけでは無く、臨床研究や臨床教育にも力を入れております。常に最新の医療を提供できます様、学会発表や講演活動も積極的に行っています。また厚生労働省認定の臨床研修指導医として後進の指導にも当たっております。研究、教育の為の皆様のご協力とご理解をお願い申し上げます。
 
院長 理事長 兪 炳碩

 

診療科目

内科,リウマチ科(関節リウマチ・膠原病・骨粗鬆症)

 

診療時間

*関節リウマチ患者様の増加につき現在通院中の患者様の診療時間確保の為 本年4月から午後外来再診の患者様のみとなります。初診患者様は午前外来にて御来院下さいます様お願い致します。

  日・祝
午前外来
9:00~
1:00
初診再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
初診再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/ 初診再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
初診再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症

初診再診外来】
関節リウマチ
土曜専門外来
/
再診外来
2:00~
3:30
再診外来】
(投薬処置外来)
再診外来】
(投薬処置外来)
/ 再診外来】
(投薬処置外来)
再診外来】
(投薬処置外来)
再診外来】
関節リウマチ
土曜専門外来

午後3時まで
/
午後外来
4:00~
7:00
再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/ 再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/ /

【午前初診再診外来】午前9:00~午後1:00(受付午前8:30~午後12:30)
再診外来】午後2:00~午後3:30(リウマチ診療は行っておりません
【午後再診外来】午後4:00~午後7:00(
受付午後3:30~午後7:00 
*リウマチ診療 関節エコー 骨粗鬆症診療は午前午後随時診療しています
骨密度(DXA)検査は月・火・金の午前10:00~午後1:00に行っております。
【土曜 関節リウマチ専門外来午前9:00~午後3:00(受付午前8:30~午後3:00
※学会や講演会等にて休診になる場合があります。
*【休診日】水曜、日曜、祝日

院内・診療設備など

受付と待合室です。
当院は院内処方で、院外処方よりもコストがやや安く、院外薬局に行く手間や、待ち時間の短縮に努めております。
2016年10月に待合室を大改装し、明るく落ち着いた雰囲気でお待ち頂けます。夏は冷たい、冬は暖かい御茶を御用意しております。
院内・診療設備など

院内・診療設備など
院内・診療設備など
 
2013年6月に関節エコーを導入10年間で23000件以上の実績績を有しております。関節エコーは触診を含めた診察所見や、血液検査、レントゲン撮影、MRI検査でも診断が難しかった早期のリウマチの診断に威力を発揮します。リウマチの滑膜肥厚の評価と、カラードップラー法による詳細な関節炎の評価が可能となり、関節破壊の危険度の予測から、治療方針決定に重要な役割を担います。詳細は『リウマチのお話その4』を御参照下さい。
第3診察室
院内・診療設備など院内・診療設備など
2024年2月から関節注射の安全性と有効性の向上の為、ステーション型のCanon製の新機種Aplio meを  導入。画質が大変明瞭であり、安心して関節エコーガイド下にて関節注射や腱鞘内注射が可能となります。
 
第2診察室


 
2022年11月に超高性能で画質と炎症シグナルの検出が格段に進化した最新の卓上型関節エコーARIETTAを導入。特に関節リウマチ発症前(Pre-Clinical)の病変として重要視されておりますMCP関節の腱炎腱鞘滑膜炎 足趾の中足骨間滑液包炎の検出に威力を発揮します。
 
第1診察室
カラードップラー法にて骨破壊をきたし得る炎症シグナルや病的血管を捉え、重症度 治療評価を判定します。
利便性が高く、短時間で多関節の評価が可能である事からPOCUS(Point care of ultrasonography)診療➡『臨床現場即時エコー診療』として使用しております。
 
DXA法を用いたChorale Dxa system。腰椎 大腿骨 橈骨の全身骨密度の測定が可能。寝たきりの危険性が高いとされる大腿骨骨折 腰椎圧迫骨折の予防の観点から、正確に骨密度を測定し骨粗鬆症の診断 治療方法の決定 病状評価に活躍します。
院内・診療設備など
胸部の単純レントゲンで使用する僅かな放射線量のたった10分の1で両大腿骨と腰椎を連続測定が可能。検査時の負担となる両足を立てる等の位置決めが不要であり約4分で測定でき、即日に検査結果報告が可能です。
 
レントゲン室です。2023年12月に最新CR富士フィルム製デジタルX線検査機を導入致しました。間質性肺炎等の肺病変等の呼吸器疾患から関節リウマチの骨ビラン変化や関節裂隙の狭小化の診断、骨粗鬆症の胸腰椎病変の検査も可能です。
院内・診療設備など 院内・診療設備など
関節リウマチの診断から病状評価、間質性肺炎の検出、骨密度の即日定量から胸腰椎レントゲンで骨粗鬆症の迅速診断から治療評価も可能に。
院内・診療設備など 院内・診療設備など
 
血球CRP迅速測定機
リウマチの活動性や炎症が短時間で評価が可能です。CRP値は小数点2桁、白血球分画(好中球数 リンパ球数)の即時測定も可能であり、上記の関節エコー検査と組み合わせて正確で迅速なリウマチの診療にあたります。また各種の貧血の診断、感染症の重症化の有無や急性疾患のトリアージの診断に威力を発揮します。
 院内・診療設備など 院内・診療設備など
 
関節リウマチ診療において肝機能や腎機能の合併症の管理は絶対必須であり、肝酵素(GOT GPT γGTP)や腎機能(クレアチニン)の精密な検査が可能となる生化学検査機
  
僅か0.5ccの血液で検査可能であり、1分間遠心分離器にかけた後に計測試薬を機械内に設置し、ワンタッチで検査が開始されます。7分間で生化学検査の結果が表示されプリントアウトされます。
 
心電図検査機です。狭心症や不整脈、心筋梗塞など循環器疾患の診断に有用です。超小型のホルター心電図(赤枠)は24時間心電図を記録し夜間の不整脈や、入浴 食事 運動時などの交感神経と副交感神経の切り替えにて誘発される狭心症を解析(青矢印)します。
 院内・診療設備など 院内・診療設備など
 
当院スタッフは患者様との心の会話を第一に努めております。少しでも患者様の不安や心配ごとを傾聴し、スタッフ皆で心の共有をはかり、誠意を持った医療を提供致します。
 院内・診療設備など 院内・診療設備など
 

特色とする治療法など

当院では可能な限り副作用を抑え、症状を緩和させることを目標に、11種の生物学製剤インフリキシマブ アダリムマブ トシリズマブ ゴリムマブ エタナルセプト アバタセプト セルトリズマブぺゴール サリルマブ エタネルセプトBS アダリムマブBS 新薬のオゾラリズマブの全てと5種の経口JAK阻害剤トファシチニブ、バリシチニブ ペフィシチニブ 新薬のウパダシチニブ フィルゴチニブも含め本邦で保険収載されております製剤の全て処方が可能です。

 

各患者様の病態へ治療効果の即効性、年齢 基礎疾患 合併症を考慮し安全面 医療経済面から妊娠希望の方等 それぞれ患者様お一人お一人にあった生物学製剤 経口JAK阻害剤の使用を提案しております。


当院 兪炳碩 院長が5年半リウマチ内科 総合内科にて勤務して参りました、淀川キリスト教病院の各専門医との太いパイプの下、密に連携を取り診療致しております。また、リウマチ病診連携の会の世話人を務めております済生会吹田病院とも強固な病診連携を行っております。また両病院と共に定期的なリウマチ研究会、症例検討会を行っており『より先端的な関節リウマチ、膠原病、骨粗鬆症の最新医療』を提供致します。また、当院が淀川キリスト教病院の臨床研修施設に選定され、当院兪院長が同病院の総合研修指導医に認定されています。

当院と密な医療提携にある淀川キリスト教病院

リウマチ連携の会の世話人も務め、研究会を定期的に開催