医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来のご案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症外来のご案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

関節リウマチ・膠原病目次


関節リウマチ・膠原病

関節エコー外来のご案内
早期診断 早期治療 早期寛解が大変重要です。リウマチ学会 認定関節エコーソノグラファーに依る専門外来を診療中。
リウマチに良い食べ物・悪い食べ物はありますか?
患者さんからよく受ける質問に対して最近の論文を参考に東永内科リウマチ科流に御回答します。
リウマチのお話その1 
リウマチの語源や原因、遺伝子素因、初期症状、診断基準やその問題点などイラストを交えてわかり易く解説します。
膠原病のお話 前編
病名の由来と、膠原病のそれぞれの種類や違いを東永内科リウマチ科流に詳しくご説明します。
リウマチのお話その2 
リウマチ薬物治療の変遷と進歩 リウマチの患者さんも治る人が見られ、時代は完全治癒・関節修復を目指す治療へ。
膠原病のお話 後編 
膠原病の治療と膠原病医学の最先端の話題について
東永内科リウマチ科流で解り易くお話します。
リウマチのお話その3 
生体の免疫システムとリウマチ薬物療法について 治療の原理と手術治療についてイラストを交えてわかり易く解説します。
リウマチ膠原病と妊娠のお話
リウマチ膠原病と妊娠について リウマチや膠原病でも妊娠は十分可能に。最新の知見を報告します。
リウマチのお話その4 
関節超音波エコー検査のお話 当院イチオシのエコー何が凄くて 何が良いの?リウマチ診療に絶対必須のエコーの話。
慢性疼痛と線維筋痛症のお話
痛みが治らず長引き慢性化するのは何故でしょうか?線維筋痛症という病名が独り歩き?真相は?
リウマチのお話その5 
関節超音波を用いたエコーガイド下トリアムシノロン関節注射内注射の有用性を最新の文献を交えてご報告致します。
痛風性関節炎の最新の話題
尿酸値が正常なのに何故痛風性関節炎を起こすの?関節エコーを通しての痛風の最新の話題です。
関節エコー総集編と当院の取り組み
第15回リウマチ病診連携の会 関節エコーの普及活動を含め 多くの実地医の先生に御興味頂いた発表についてのお話。
最新のトピックスのお話
関節リウマチ・膠原病の最新の話題。トファシチニブを含めた最新の話題を御紹介します!!
第17回リウマチ病診連携の会
2016年2月27日に講演して参りました関節エコーでないと判らない隠れ関節炎について一部ご紹介致します。
最新のトピックスのお話 その2
学会や勉強会で聴講して参りました関節リウマチ最新の話題を御紹介します!!
第60回 日本リウマチ学会学術総会ワークショップでの発表
当院の演題がワークショップ(上位演題)にて採用されました。東永内科リウマチ科の臨床研究内容の一部を掲載致します。
最新のトピックスのお話 その3
東京で聴講して参りましたリウマチ最新の治療薬バリシチニブについて御報告致します!!
第61回 日本リウマチ学会学術総会での発表
当院の演題が昨年に続きポスターセッションにて採用されました。当院の臨床研究内容をご報告致します。
第27回 日本リウマチ学会 近畿支部学術集会での発表
当院のイチ押しトリアムシノロンの関節注射と生物学製剤同時投与の有用性について発表して参りました!
第5回 関西エコーエキスパートサミット(SAKURAの会)にて参加発表
9月9日(土)に第5回 関西エコーエキスパートサミットにて最新の知見と共に症例発表を行って参りました。
第45回 日本関節病学会にて口演発表
当院のリウマチ診療方針をより厳しく評価頂くべく、リウマチ整形外科系の学会にて口演発表して参りました。
第30回 なにわリウマチフォーラムにて口演発表
関節エコー症例も導入後2,300例を超え、その内の啓蒙的な3例を絞って症例報告して参りました。
第20回 リウマチ病診連携の会にて講演
講演のオファーを頂き、最新の知見に基づいた関節エコー診療とアバタセプトの位置付けについてお話。