医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
関節リウマチ外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による4つのポイントを重視した関節リウマチの 専門診療を行っております。

 

土曜午前9:00-午後3:00関節
リウマチ専門外来のご案内
平日お忙しい患者様を対象とした関節リウマチに特化しました土曜専門外来です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

関節リウマチ専門外来のご案内


 

*診療時間確保の為 本年4月から平日午後外来土曜関節リウマチ専門午後外来再診の患者様のみとなります。リウマチ症状で御心配をされておられる方他院にてリウマチ疑いで未だ治療を受けておられない初診患者様は引き続き診療を行っておりますが、午前外来にて御来院下さいます様お願い致します。治療中の転医希望患者様セカンドオピニオン患者様の受け入れは休止しており患者様皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが御理解の程宜しくお願い申し上げます。

2024年3月28日

関節リウマチ専門外来のご案内

 
  日・祝
午前外来
9:00~
1:00
初診再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
初診再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/ 初診再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
初診再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症

初診再診外来】
関節リウマチ
土曜専門外来
/
再診外来
2:00~
3:30
再診外来】
(投薬処置外来)
再診外来】
(投薬処置外来)
/ 再診外来】
(投薬処置外来)
再診外来】
(投薬処置外来)
再診外来】
関節リウマチ
土曜専門外来

午後3時まで
/
午後外来
4:00~
7:00
再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/ 再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
再診外来】
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/ /

【午前初診再診外来】午前9:00~午後1:00(受付午前8:30~午後12:30)
再診外来】午後2:00~午後3:30(リウマチ診療は行っておりません
【午後再診外来】午後4:00~午後7:00(
受付午後3:30~午後7:00 
*リウマチ診療 関節エコー 骨粗鬆症診療は午前午後随時診療しています
骨密度(DXA)検査は月・火・金の午前10:00~午後1:00に行っております。
【土曜 関節リウマチ専門外来午前9:00~午後3:00(受付午前8:30~午後3:00
※学会や講演会等にて休診になる場合があります。
*【休診日】水曜、日曜、祝日

リウマチ専門医 リウマチ指導医による関節エコーと先端医療を駆使した関節リウマチ専門外来を平日の午前と午後に行って参ります。予約制では無い為 外来が大変混雑する場合がございますので、お時間に余裕を持って御来院の程宜しくお願い致します。

午前診察、午後診察に於きましてはリウマチ診療を継続いたします。令和4年8月6日(土)から『土曜 関節リウマチ専門外来』を午前9時~午後3時まで行っておりますので平日に受診が出来ない方は是非ご利用下さい。
(土曜 専門外来詳細*http://www.touei-clinic.jp/original70.html

 

(リウマチ指導医は2018年3月に初認定 2023年3月に再認定 リウマチ専門医は2006年3月に初認定 今回2021年3月の認定で3回目の更新となります)

  • ☆ 関節エコーを駆使した早期診断と正確な病状評価
  • ☆ 28年間のリウマチ診療経験の下での専門治療
  • ☆ 合併症の早期発見 早期対応と強固な病診連携
  • ☆ 速やかな疼痛緩和と骨破壊を抑止する専門手技

これらの4つのポイントをコンセプトにリウマチ専門外来を行っております。

2023年12月末日の時点で802名の関節リウマチ患者様に定期通院して頂いております。

ポイント① 関節エコーを駆使した早期診断と正確な病状評価

日本リウマチ学会認定ソノグラファーとして24,000件以上の関節エコーの経験から関節リウマチの正確な早期診断 早期治療 正確な治療評価3台の関節エコー機を用いて行っております。
(関節エコーの有用性=http://www.touei-clinic.jp/original17.html
(関節エコーを用いた鑑別診断=http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/335

  
ステーション型関節エコー機 Canon Xario200
画像が大きく解析度の高いステーション型関節エコー機です。第1診察室に設置し、関節リウマチ専門外来に於いては早期診断からリウマチ発症後の病状評価まで可能であり、関節リウマチ全体の病状評価と即座にエコー施行⇒『臨床現場即時エコー⇒POCUS診療』(Point Care of Ultrasonography)用としても活躍しています。
 
  
卓上型関節エコー機 FUJIFILM ARIETTA
2021年11月に導入した超高性能で最新の卓上型関節エコー機です。3台の中では最も画面が小さいのですが、エコー画質は鮮明であり、骨破壊に関連するパワードップラー画像もかなり繊細に描出されます。第2診察室に設置し特に関節リウマチ発症前(Pre-Clinical)の病変として重要視されておりますMCP関節腱炎や腱鞘滑膜炎 足趾の中足骨間滑液包炎検出に威力を発揮します。
 
 

2024年2月導入した最新機種です。画像が大きく解析度の高いステーション型関節エコー機です。
第3診察室に設置し関節注射の安全性と有効性が向上安心して関節エコーガイド下にて関節注射や腱鞘内注射が可能となります。

Aplio me・ARIETTA・Xario200これらの関節エコー機3台を駆使し最先端の
関節リウマチ診療を提供します。

 

日本リウマチ学会 関節超音波委員会が設立された2012年の翌年の2013年に関節エコーを導入し、現在3台体制にて2024年4月末時点で関節エコー検査数が24,170に至っております。患者様と対面し詳しく説明しながら関節エコー検査を行いますので病状の理解が深まり、治療を行う際もエコー画像を通して患者様と相談しながら決定しますので関節エコー診療は大変重要と言えます。

関節内の炎症シグナルや滑膜肥厚の病状は関節リウマチ発症後関節予後(骨破壊 関節破壊)に大きく影響する事から、関節エコーによる早期診断、迅速かつ経時的な病状評価はリウマチの治療方針の決定や治療強化 寛解後の薬剤減量にも大変重要な役割 を果たしています。

最新の医学論文の報告では、関節エコーを積極的に行うリウマチ医と、エコーを使用しないリウマチ医では、エコーを積極的に行う方が診断まで0.23月vs1.38月と有意(P=0.014)に(平均で4週間早く治療介入するまでの期間に於いても関節エコーを用いる方が0.46月vs1.81月(P=0.003)(平均で6週間)と圧倒的有意に早かったと報告されています。

当院では常に最新の関節リウマチと関節エコーに関する医学論文の報告を積極的にリウマチ診療に取り入れ、関節リウマチの発症前段階での早期発見と早期治療介入に重点を置いております。(関節エコーを用いた早期関節リウマチ診断の最新の話題⇒http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/708

ポイント② 29年間のリウマチ診療経験の下での専門治療

リウマチの活動性や年齢 基礎疾患(感染症の既往 呼吸器病 心臓疾患 貧血 腎臓病や糖尿病等)を考慮し、各患者様に詳しく御説明の上、最適でより良い治療法を提案します。また当院では基本的に経口ステロイド剤は使用しません。年齢や病状等でどうしても使用が必要な場合は少量2mg/日、合併症の発症時は5㎎/日に留めます。
 

メソトレキセレート(MTX)を中心に最新の『関節リウマチ診療ガイドライン 2024』を元にそれぞれの患者様に最も適した抗リウマチ薬を選択し、病状に応じて併用治療(原則 経口ステロイド剤は使用しません)を行い漫然投与は行わず深い寛解(関節エコー寛解)に到達後には必ず薬剤の減量を行います。

リウマチの活動性が高く骨破壊が急激に進行する場合や、従来の抗リウマチ薬(csDMARDs)だけでは効果が無い場合は患者様の経済的状況や対費用効果を重視し豊富な経験の下で最新の生物学製剤(bDMARD)やJAK阻害剤(経口分子標的治療薬)を使用して難治性病態に対し早期の寛解を目指しております。

当院では医療保険にて認可されている11種の生物学製剤 5種のJAK阻害剤の全てが使用可能です。各患者様のリウマチの病態や特徴と、生物学製剤 JAK阻害剤のそれぞれの特性に最も合致した薬剤を選択し治療に当たります。

当院にて使用中の生物学製剤

一般名(商品名) 治療の標的 投与法 投与間隔
インフリキシマブ (レミケード) TNF(腫瘍障害因子) 点滴 初回は2週→6週→8週毎
エタネルセプト (エンブレル) TNF(腫瘍障害因子)受容体 皮下注射 月に2~4回
アダリムマブ  (ヒュミラ) TNF(腫瘍障害因子) 皮下注射 2週毎
トシリズマブ (アクテムラ) IL-6(インターロイキン6) 点滴又は皮下注射 点滴4週毎 皮下注は2週~毎週
アバタセプト (オレンシア) 抗原提示細胞 点滴又は皮下注射 点滴4週毎 皮下注毎週
ゴリムマブ (シンポニー) TNF(腫瘍障害因子) 皮下注射 4週毎
セルトリズマブぺゴール(シムジア) TNF(腫瘍障害因子) 皮下注射 2週毎
トファシチニブ (ゼルヤンツ) JAK1,3阻害剤 経口薬 毎日
バリシチニブ (オルミエント) JAK1,2阻害剤 経口薬 毎日
サリルマブ (ケブザラ) IL-6(インターロイキン6) 皮下注射 2週毎
エタネルセプトBS(バイオシミラー) TNF(腫瘍障害因子)受容体 皮下注射 月に2~4回
ペフィシチニブ (スマイラフ) JAK1,2,3,TYk2阻害剤 経口薬 毎日
ウパダシチニブ (リンヴォック) JAK1阻害剤 経口薬 毎日
フィルゴチニブ (ジセレカ) JAK1阻害剤 経口薬 毎日
アダリムマブBS(バイオシミラー) TNF(腫瘍障害因子) 皮下注射 2週毎
オゾラリズマブ(ナノゾラ) TNF(腫瘍障害因子) 皮下注射 4週毎

 

当院に於いて2023年度末の時点412名の方に生物学製剤JAK阻害剤を投与しております。

最もコストの安い(20214月の薬価改正で更に安価に)のETN-BS185例と最多で関節注射との併用にて通常の半量か4分の1量(3割負担で月9,270円~4,695円)で著効し関節エコー寛解を持続しております。又新規JAK阻害剤としてウパダシチニブが登場し、当院の多剤耐性で難治性関節リウマチ患者様に絶大な効果を発揮しバリシチニブ、フィルゴチニブと共に薬剤の耐性が出来難く叉安全面も確保されつつあります。現在JAK阻害剤の総処方数が100例と増加傾向にあり、JAK阻害剤の処方例が今後も更に増えそうです。

*ETN-BS=エタネルセプトバイオシミラー® Upaウパダシチニブ=リンヴォック® TCZトシリズマブ=アクテムラ®  SAR サリルマブ=ケブザラ® Filgoフィルゴチニブ=ジセレカ® Bariバリシチニブ=オルミエント® ABTアバタセプト=オレンシア® GLMゴリムマブ=シンポニー® ADAアダリムマブ=ヒュミラ® OZRオゾラリズマブ=ナノゾラ® ETNエタネルセプト=エンブレル® CZPセリトリツマブ・ペゴル=シムジア® ADA-BS=アダリムマブバイオシミラー® T,P,I=Tofaトファシチニブ=ゼルヤンツ® Pefiペフィシチニブ=スマイラフ® IFXインフリキシマブ=レミケード®*

高額医療費制度利用する事で医療費の軽減が可能であり、寛解に至れば投薬量の減量投与間隔の延長積極的に取り組んでおります。寛解長期持続の場合は治療薬の完全休薬(リウマチ治療の終了)も行っております。各患者様に適した有効性 安全性 経済性を十分に考慮した治療を行っております。

ポイント③合併症の早期発見 早期対応と強固な病診連携

関節リウマチ診療に於いては呼吸器障害、血液障害、肝障害、腎障害、骨粗鬆症等、多岐に渡る合併症が少ないながら発生する事があります。早期の段階で軽微な変化を発見し、重症化に至る前に合併症を回避する事が大変重要と言えます。

CRデジタルX線装置 Fujifilm製 FCR PRIMA

院内・診療設備など 院内・診療設備など 院内・診療設備など

2023年12月に最新CRデジタルレントゲンを導入し肺病変等の呼吸器疾患から関節リウマチの骨変化の診断、胸腰椎の形態骨折等 骨粗鬆症の評価も可能です。

全自動血球CRP迅速測定機 日本光電製 Celltacα Plus

 院内・診療設備など 院内・診療設備など
リウマチの活動性や炎症が短時間で評価が可能です。CRP値は小数点2桁、白血球分画(好中球数 リンパ球数)の即時測定も可能であり、上記の関節エコー検査と組み合わせて正確で迅速なリウマチの診療にあたります。また各種の貧血の診断、感染症の重症化の有無や急性疾患のトリアージの診断に威力を発揮します。
 

生化学迅速分析装置 ARKRAY製 スポットゲノムD

僅か0.5ccの血液で検査可能であり、1分間遠心分離器にかけた後に計測試薬を機械内に設置しされており僅か7分間で生化学検査(肝機能 腎機能 血糖値等)の結果が判明。

  
関節エコー 血球検査 炎症マーカーのCRPも即時的に結果が出ますので、肝機能障害や腎機能障害等の副作用管理を十分行った上で総合的評価と治療方針の決定が即日可能となります。

全身骨密度測定機 GE社製 Chorale Dxa System

関節リウマチは炎症が全身に波及する事で局所の骨だけでなく、全身の骨に骨粗鬆症を引き起こします。これに加えて経口ステロイドを使用する事で(当院では基本的に経口ステロイドは使用しません)骨密度へ影響は大変大きい事から、DXA法を用いて(検診での胸部レントゲン検査の10分の1以下の放射線量にて)腰椎 大腿骨の骨密度が短時間で測定可能であり関節リウマチの合併症として骨粗鬆症の進行抑止から骨折予防に徹しております。

上記の最新の医療機器を用いてリウマチ内科医の最も得意とする合併症の予見と必要に応じて各専門医へ迅速にコンサルト(外来紹介受診から入院まで)致します。既に変形している関節に於いて支障を来す場合はこちらも整形外科(手の外科 足趾外科)専門医にコンサルトし手術療法を検討します。


当地区の基幹病院である淀川キリスト教病院と済生会吹田病院と強固な病診連携を有しています

6年間の長きに渡り勤務して参りました淀川キリスト教病院 リウマチ内科を始め各領域の専門医、済生会吹田病院 整形外科 内科の各科と強固に病診連携を行い様々な合併症を有するリウマチ患者様にも対応しております

ポイント④ 速やかな疼痛緩和と骨破壊を抑止する専門手技

抗リウマチ薬や生物学製剤を用いても、時に全ての関節の痛みや腫れ、骨破壊や骨変形を予防できない事もあります。患者さんが関節の強い痛みや腫れを訴えても『血液検査が正常だから様子を見ましょう』と様子を見る事で骨破壊や変形が進行することがしばしばあります。また痛みが無いのに骨破壊が進む恐ろしいケースもあり、これらの病状に対する速やかな疼痛緩和骨破壊を抑止する専門手技こそが多くの論文で効能が報告されておりますトリアムシノロンアセトニドの関節内注射なのです。

対費用効果が絶大であり、関節エコーを用いる事で安全に炎症を抑制する事が可能となりました。海外でも積極的に行われておりhttp://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/563、当院では2015年6月からトリアムシノロンアセトニドの局注療法を取り入れ2024年度末の時点で4,875関節施行し、これらの治療経験を元に積極的な関節内(腱鞘内)局所療法を行っております。http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/874

難易度の高い関節に対しても局所療法が可能であり、生物学製剤との同時併用にて激的に治療効果が得られる事も多く見られますhttp://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/530骨破壊、関節破壊が進行する可能性の高い関節に対しては早期に診断された段階で関節内注射にて治療を優先すべきとの文献の報告が多数あり、関節リウマチ診療の本元欧州リウマチ学会も関節注射を強く推奨していますhttp://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/695

日本リウマチ学会に於きましても関節リウマチ診療ガイドライン非薬物治療として『関節内注射』の必要性を明記しております。又最新の報告では関節注射+メソトレキセレート(MTX)併用と生物学製剤(ADAアダリムマブ)+MTX+関節注射の併用では統計学的に総合的な骨破壊の抑止効果が同等とこの論文では結論付けています。

(⊿ES➡骨ビランスコア ⊿JSN➡関節狭小化スコア ⊿TSS➡⊿ES+⊿JSNの総合スコア)関節注射の有効性を当院HPにも詳しく掲載しております(http://www.touei-clinic.jp/original57.html)。
関節穿刺時に特に問題となりますのが、針を関節に穿刺する時に痛みです。一般的には関節穿刺時には下記の22G(黒針もしくは23G(ブルー針の採血用の針を使用しますが針が太い事から痛みが強く生じます。


この問題を解消すべく当院では最も針のゲージの細いワクチン専用の極細27G(0.4mm)グレー針を使用しております。

 

新型の関節エコーを導入してからはより画像が鮮明となりエコーガイド下での超極細針の穿刺が容易になりました。 血管や伸筋腱 神経を避けて組織を傷つける事無く、注射針を正確に挿入しベストの位置でステロイドを注入します。

最も重要なのが関節注射後の疼痛緩和と骨破壊 関節変形の予防です。これまで多くのリウマチ関連学会や研究会で報告(http://www.touei-clinic.jp/original47.html)して参りました様に速やかに痛みが改善し、文献の報告と同じく長期に渡り骨破壊を抑止し寛解持続する例がしばしば見られます。 また当院では関節の痛みや可動域の改善 関節エコー画像による評価だけでなく、レントゲン写真を用いて抗リウマチ薬(+生物学製剤)+関節注射にて関節破壊の抑止が出来ているか定期的に評価を行っております。

1回の関節局所注射(中~大関節1箇所又は小関節 腱鞘滑膜2か所投与)費用として薬剤費を含め3割負担で880円、1割負担で290円と非常に低額 で患者様の経済的な負担の軽減や対費用効果としても最良の方法です。文献に於いてもエコーを用いて関節注射を行う方が寛解患者の増加 非寛解患者の減少 穿刺時の疼痛軽減 医療施設の受診期間の延長 年間の医療費の削減が有意に上回ったと報告されていました。(詳細はhttp://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/473

 

2024年4月末時点での局注療法4,875関節の内訳

(*リウマチの治療が十分に行われていない状況での関節注射は効果が限定的です。関節注射の際はベースにしっかりとしたリウマチ治療が必須と言えます*)

関節注射を受けられた当院のリウマチ患者様にアンケート調査を行いましたところ注射が著効し大変満足度の高い結果が得られました。(http://www.touei-clinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/972

当院では上記の4つのポイントを軸としたリウマチ専門外来を開設 し診療しております。現在はリウマチを心配されている患者様と関節リウマチと診断され未治療の患者様を対象に診療しております。診療時間不足から転医希望患者様とセカンドオピニオン希望患者様は現在受け入れを休止 しており、転医希望患者様には大変申し訳ございませんが御理解と御協力の程よろしくお願いいたします。