医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科,リハビリテーション科,リウマチ,膠原病
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
平成29年1月からリウマチ専門医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
骨粗鬆症 ステロイド骨粗鬆症 リウマチ疾患の骨折予防の為 専門外来を行っています!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

リウマチ専門外来のご案内


 

リウマチ専門外来のご案内

この度、基幹病院や区外の総合病院からの逆紹介患者様の増加と、多方面からの診療が必要な患者様に対応すべく東永内科リウマチ科にて診療して参りました『リウマチ科』をさらに特化し『リウマチ指導医 リウマチ専門医による専門外来(予約制にて)』を開設致しました。

これまで通り午前診察、午後診察に於きましてもリウマチ診療を継続いたしますが、 火 木 金の午後1時30分から3時30分の予約診療にて更なる専門的なリウマチ診療を行っております。予約が大変混雑しておりますので、初診の患者様に於きましては毎週月曜(祝日の場合は翌日火曜)金曜初診枠(45分枠)を設けておりますので是非ご利用下さい。

 

(リウマチ指導医は2018年3月に認定 リウマチ専門医は2006年3月に初認定 2回目の更新です)

  • ☆ 関節エコーを駆使した早期診断と迅速な病状評価
  • ☆ 23年の関節リウマチ診療の下での専門治療
  • ☆ 合併症の早期発見 早期対応と強固な病診連携
  • ☆ 速やかな疼痛緩和と骨破壊を抑止する専門手技

これらの4つのポイントをコンセプトに診療して参りたく思います。

ポイント① 関節エコーを駆使した早期診断と迅速な病状評価

日本リウマチ学会認定ソノグラファーとして3,500例以上の関節エコーの経験から関節リウマチの正確な早期診断に取り組みます。

その他の血液検査、レントゲン検査を含めリウマチの活動性を総合的に評価します。又一旦破壊された骨や関節の変形は元には戻らない為、関節予後(今後関節がどの様な経過を辿るか)の病状評価も早期に行います。当院では利便性が高いノートPC型の関節エコー機を診察室内に設置し臨床現場即時エコー診療として使用。画像が大きく解析度の高いステーション型機をエコー検査室に設置し精密検査用に使用。これら関節エコー機2台体制でリウマチ専門外来を行っております。

時に一部のリウマチ非専門医にてリウマチで無い患者さんに対し抗リウマチ薬が投与されるケースもある為、治療効果が無い場合や薬の継続を心配されている方は最寄りのリウマチ専門医への受診をお勧めします。(日本リウマチ学会専門医検索HP http://pro.ryumachi-net.com/

関節エコーによる早期診断、病状評価はリウマチの治療や関節予後に於いて大変重要なポイントとなります。

ポイント② 23年の関節リウマチ診療の下での専門治療

リウマチの活動性や年齢 基礎疾患(感染症の既往 呼吸器病 心臓疾患 貧血 腎臓病や糖尿病等)を考慮し、各患者様に詳しく御説明の上、最適でより良い治療法を提案します。可能な限り経口ステロイドホルモン剤の使用は控え、使用する場合は少量2mg(治療が限られる場合は最大で5mg以下)に留めます。

メソトレキセレートを中心に患者様に最も適した抗リウマチ薬を選択し、病状に応じて2剤、3剤併用療法を行い深い寛解(関節エコー寛解)に到達後には薬剤の減量を行います。

リウマチの活動性が高く骨破壊が急激に進行する場合や飲み薬だけでは効果が無い場合は患者様の経済的状況や対費用効果を重視し豊富な経験の下で生物学製剤を使用します。当院では本邦で認可されている製剤の全てが使用可能です。各患者様のリウマチの病態や特徴と、生物学製剤のそれぞれの特性に最も合致した生物学製剤を選択し治療に当たります。

当院にて使用中の生物学製剤

一般名 治療の標的 投与法 投与間隔
インフリキシマブ TNF(腫瘍障害因子) 点滴 初回は2週→6週→8週毎
エタネルセプト TNF(腫瘍障害因子)受容体 皮下注射 月に2~4回
アダリムマブ TNF(腫瘍障害因子) 皮下注射 2週毎
トシリズマブ IL-6(インターロイキン6) 点滴又は皮下注射 4週毎(皮下注射は2週毎)
アバタセプト 抗原提示細胞 点滴又は皮下注射 点滴4週毎 皮下注週1回
ゴリムマブ TNF(腫瘍障害因子) 皮下注射 4週毎
セルトリズマブぺゴール TNF(腫瘍障害因子) 皮下注射 2週毎
トファシチニブ JAK阻害剤 経口薬 毎日
バリシチニブ JAK阻害剤 経口薬 毎日
サリルマブ IL-6(インターロイキン6) 皮下注射 2週毎
エタナルセプトBS TNF(腫瘍障害因子)受容体 皮下注射 月に2~4回

 

当院は2018年7月現在 通院中の関節リウマチ患者さん254名中、現在58名の方に生物学製剤を使用し18名の方が生物学製剤の休薬(バイオフリー)が可能となりました。生物学製剤の使用頻度は下記の通りです。

ABT =アバタセプト TCZ=トシリズマブ GLM=ゴリムマブ ETN=エタネルセプト
ADA=アダリムマブ JAK=トファシチニブ バリシチニブ
CZP=セルトリズマブぺゴール IFX=インフリキシマブ Salirumab=サリルマブ

 

各患者様の病状や合併疾患、感染症の既往等を含めた総合評価にてお一人お一人にあった生物学製剤治療を提供しております。

 

病状が安定すれば積極的に生物学製剤の休薬(バイオフリー)を行っております。

ポイント③合併症の早期発見 早期対応と強固な病診連携

リウマチ治療に於いては豊富な経験の下で治療しても、一定頻度どうしても有害に至らない軽微な副作用が発生してしまいます。しかし軽微な状態を放置すると時に重度の呼吸器障害、血液障害、肝障害、腎障害、糖尿病、骨粗鬆症の等、多岐に渡る合併症が出現する可能性があります。早期に軽微な変化を発見し有害に至る合併症を回避する事が大変重要と言えます。


当院のCRデジタルレントゲン 骨の画像消し肺野描出する特殊機能を有します。血液障害やCRP値を即時診断

リウマチ内科医の最も得意とする合併症の予見と必要に応じて各専門医へ迅速にコンサルト(外来紹介受診から入院まで)致します。既に変形している関節に於いて支障を来す場合はこちらも整形外科専門医にコンサルトし手術療法を検討します。


当地区の基幹病院である淀川キリスト教病院と済生会吹田病院と強固な病診連携を有しています

6年間の長きに渡り勤務して参りました淀川キリスト教病院 リウマチ内科を始め各領域の専門医、済生会吹田病院 整形外科 内科の各科と強固に病診連携を行い様々な合併症を有するリウマチ患者様にも対応しております

ポイント④ 速やかな疼痛緩和と骨破壊を抑止する専門手技

抗リウマチ薬や生物学製剤を用いても、時に全ての関節の痛みや腫れ、骨破壊や骨変形を予防できない事もあります。患者さんが関節の強い痛みや腫れを訴えても『血液検査が正常だから様子を見ましょう』放置する事で骨破壊や変形が進行することがしばしばあります。また痛みが無いのに骨破壊が進む恐ろしいケースもあり、これらの病状に対する速やかな疼痛緩和骨破壊を抑止する専門手技こそが多くの論文で効能が報告されておりますトリアムシノロンアセトニドの関節内注射なのです。

上記の所見に於いては両方共に関節破壊が進行し得る病状にも関わらず、痛みの自覚症状が全く異なります。結論的には痛みに一切関係無く『CRPや血沈が正常でも赤い炎症シグナルが骨表面や関節に隣接する』場合は特に骨破壊が進行する可能性が大変高く、これらの残存関節炎に対してステロイドの関節注射が大変有効であるとの報告が多数見られる事から当院では関節エコーガイド下で安全なトリアムシノロンの関節内注射を積極的に行っています。

骨破壊、関節破壊が進行する可能性の高い関節に対しては早期に診断された段階で関節内注射にて治療を優先すべきとの報告もあります。又最新の報告では関節注射+メソトレキセレート(MTX)併用と生物学製剤(ADA➡アダリムマブ)+MTX+関節注射の併用では統計学的に総合的な骨破壊の抑止効果が同等とこの論文では結論付けています。

(⊿ES➡骨ビランスコア ⊿JSN➡関節狭小化スコア ⊿TSS➡⊿ES+⊿JSNの総合スコア)関節注射の有効性を当院HPにも詳しく掲載しております(http://www.touei-clinic.jp/original57.html)。
関節穿刺時に特に問題となりますのが、針を関節に穿刺する時に痛みです。一般的には関節穿刺時のは下記の22G(黒針)もしくは23G(ブルー針)の採血用の針を使用します。

この問題を解消すべく当院では最も針のゲージの細いワクチン専用の極細27Gグレー針(0.4mm)と超極細イエロー針30G(0.3mm)を使用しております。

関節穿刺を当院で始めた当初は22G、23Gを使用しておりましたが、様々な学会や研究会での知識の習得、技術の向上と工夫、改良を更に重ね 関節エコー機の新機種導入により27G/30G穿刺法に至りました。

 

関節リウマチに罹患頻度の高い手関節に対しましては27G 40mm針を使用し、最も穿刺時の痛みが出やすい手指関節へ足趾関節には更に進化した形成外科で使用する超極細針30G 0.3mm(イエロー針)を使用。


(第28回 日本リウマチ学会近畿支部学術集会にて使用しましたスライド)

新型の関節エコーを導入してからはより画像が鮮明となりエコーガイド下での超極細針の穿刺が容易になりました。血管や伸筋腱 神経を避けて組織を傷つける事無く、注射針を正確に挿入しベストの位置でステロイドを注入します。

極細針で関節注射治療を受けた患者さんからは『全く痛くなかったです』と大変ご好評を頂いております。最も重要なのが関節注射後の疼痛緩和であり、これまで多くのリウマチ関連学会 研究会で報告して参りました様に速やかに痛みが改善し長期間寛解する著効例がしばしば見られます。

 

また、1回の関節局所注射(中~大関節1箇所又は小関節2か所投与)にて再診料を含めて3割負担で880円、1割負担で290円と非常に低額(関節エコーガイド下で行いますが関節エコーの費用は頂いておりません)患者さんの経済的な負担の軽減や対費用効果としても最良の方法と言えます。


(第28回 日本リウマチ学会 学術集会にて使用したスライド)

(*リウマチの治療が十分に行われていない状況での関節注射は効果が限定的です。関節注射の際はベースにしっかりとしたリウマチ治療が必須と言えます*)

当院では上記の4つのポイントを軸としたリウマチ専門外来を開設し診療しております。リウマチを心配されている方からリウマチを診断され治療受けるも関節炎が改善しない方、地理的条件から大病院に通院が難しい方まで御遠慮なく当院のリウマチ専門外来にて御相談ください。

診療時間

2016年12月からCRデジタルレントゲンの導入にて診療時間内では毎日検査が可能になりました。

2017年8月から毎週土曜にリウマチ科診療が開始となりました。

  日・祝
午前診療
9:00~
12:30
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/
予約外来
1:00~
4:00
リウマチ専門外来
関節エコー外来
骨粗鬆症専門外来
リウマチ専門外来
関節エコー外来
骨粗鬆症専門外来
往診 リウマチ専門外来
関節エコー外来
骨粗鬆症専門外来
リウマチ専門外来
関節エコー外来
骨粗鬆症専門外来
/ /
午後診療
4:00~
7:00
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/ 内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
内科
リウマチ科
関節エコー
骨粗鬆症
/ /

【午前診療】 9:00~12:30(受付8:30~)
予約外来】 
リウマチ専門外来:1:00~4:00(お電話での御予約をお願い致します。)
関節エコー外来:1:00~4:00(お電話での御予約をお願い致します。)
骨粗鬆症外来:1:00~4:00予約可(お電話での御予約をお願い致します。) 
【午後診療】
4:00~7:00(受付午後3:30~) 
リウマチ診療 骨粗鬆症外来は午前午後随時診療しています。
【休診日】水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

関節エコー外来初診の方は午後予約診での御来院をお勧めします。
午前 午後のリウマチ科一般診療時間内でも病状と混雑状況に応じて関節エコー検査を行っております。
夏期 年末年始休暇、学会出席等で休診する場合がありますので来院前にお電話にてご確認下さい。