医療法人 東永内科リウマチ科

大阪市東淀川区の 内科,リウマチ科(リウマチ,膠原病,骨粗鬆症)
医療法人 東永内科リウマチ科

〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新5-6-19
TEL 06-6329-0276

当院の専門外来
リウマチ専門外来のご案内
日本リウマチ学会専門医
指導医による 4つのポイントを重視したリウマチ専門外来を開設致しました!

 

骨粗鬆症専門外来の案内
日本骨粗鬆症学会認定医による骨粗鬆症 リウマチ性疾患の骨折予防の為の専門外来を行っています!

 

関節エコー外来の案内
リウマチは早期診断、早期治療、早期寛解が大変重要です!!正確な早期診断の為、専門外来を診療中です!

 

診療についてのご案内
関節リウマチ、膠原病
関節リウマチ、膠原病に関するご案内

 

内科
当院の内科診療に関するご案内

 

骨粗鬆症、抗加齢医学
骨粗鬆症、抗加齢医学に関するご案内

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
アクセスカウンター

トップページ»  とうえいブログ»  講演・学会発表関連

講演・学会発表関連

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

...JAK EXPERT MEETINGにて講演して参りました。

大型籠り連休もあっという間の最終日…(-_-;)。随分前となってしまいましたがJAK阻害剤の講演ツアーのラストとして当院のウパダシチニブ投与例を中心とした講演と南大阪の御高名な関節リウマチエキスパートの先生方と熱い?ディスカッションも行って参りましたのでレポート致します(^_^)/
 
済生会中津病院 整形外科部長 乾 健太郎先生総合座長を御担当頂き、浅学の私の前に博学の大阪市立大学病院 講師の真本建司先生が同院のウパダシチニブの投与例について御講演頂きました。2番手に当院のウパダシチニブ25例の内 難治性関節リウマチ患者14例、1剤耐性3例 MTX-不応3例 MTX-naive1例の合計21例についての経過を報告しました。
  
難治性多剤耐性の状態にある多くの関節リウマチ患者さんに対して劇的に著効しているウパダシチニブを、難治性多剤耐性の病態に至る前に少量のウパダシチニブ(通常の半量7.5㎎)で短期で著効した多くの当院の症例を最新の文献を含めて報告しました。多くのウパダシチニブの有効性を示した権威ある論文から…
  
csDMARDsの効果不十分な中等症~重症RA患者197例をウパダシチニブ7.5mg 15㎎ 30㎎用量反応性 有効性 安全性をプラセボと比較検討したSELECT-SUNRISE試験MTXによる治療経験が無い中等症~重症RA患者1002例 (日本人138例)に対しウパダシチニブ単剤 7.5mg 15㎎ 30㎎vs MTX単剤との有効性 安全性を比較検討したSELECT-COMPARE試験を紹介しました。
  
両文献共に生物学製剤使用経験がない症例での臨床試験ですが、少量7.5㎎のウパダシチニブ投与群でも15㎎投与群と比較しても十分な臨床効果が得られており、医療コストを考慮しますとメトトレキサートの効果不十分例に少量7.5㎎のウパダシチニブの投与も選択肢となりますが…文献的には骨破壊の指標を用いますと15㎎群が予防効果が勝った事と、副作用の頻度は少量の7.5㎎でも15㎎でも同頻度であったと報告。
  
副作用の発症率が容量依存性ではな無い事、臨床効果よりもやはり骨破壊予防効果を優先としますと15㎎を使用するべきかと思われますが、当院の症例の平均年齢が84.9歳とかなり高齢であり、殆どが7.5㎎で著効した事と文献での対象年齢層が50~60歳代である事から有効性 安全性 経済性を考慮しますと副作用の出やすい高活動性高齢関節リウマチ患者さんには7.5㎎が推奨される可能性についてお話しました。
  
具体的な経過として、メトトレキサート不応高活動性の高齢関節リウマチ患者さんに対しウパダシチニブ7.5㎎で著効した症例を関節エコー所見、血液所見を含めて報告しました。副作用としましてはJAK阻害剤の使用上避けて通れない帯状疱疹ヘルペスと頻度は低く軽度であるも実臨床で見られた肝機能障害についてもお話しました。
   
ウパダシチニブの代謝経路は肝排泄であり、メトトレキサートと併用するとより肝障害が来しやすく多剤耐性で難治性病態の関節リウマチ患者さんに於いてはウパダシチニブの減量や中止は大変困難であり、この状況を打破すべき方法として…メトトレキサートに於ける肝障害としましては葉酸製剤併用と共に薬剤に因る肝毒性の蓄積の抑止にウルソデオキシコール酸が有用であり、当院に於けるウパダシチニブ投与後の肝障害に対して…
  
ウルソデオキシコール酸200㎎/日~300㎎/日併用にて著効全例肝機能が正常化した事も報告致しました。まとめとしまして…ウパダシチニブを始めとする5種類のJAK 阻害剤が使用が可能となり、腎排泄性 肝排泄性を考慮年齢と病状に応じた使い分けが重要と考えられ、当院の多剤抵抗性 難治性の関節リウマチ患者に対し短期間で高頻度に寛解が得られた事、今後はJAKの第1選択薬として長期的なウパダシチニブの効果に期待したいと締め括り講演は終了。
  
その後『えすみ整形外科クリニック』の重栖 孝先生の司会でディスカッションパートが行われ、今後のウパダシチニブを含めたJAK阻害剤の在り方、今後の治療戦略 安全性 副作用予防の取り組み、長期処方解禁後のウパダシチニブの使い方等、会場に出席されたエキスパートの先生方と熱く?お話でき大変有意義な会となりました。


主催頂いたメーカー様 色々と御意見御教授頂きました先生方に深謝いたします<(_ _)>。 

2021-05-05 17:07:00

コメント(0)

折りたたむ

...第10回関西関節エコーエキスパートサミット SAKURAの会が開催されます。

2015年11月28日に第1回関西関節エコーエキスパートサミットが開催され、昨年はコロナ禍で開催中止となり今回WEB会ながら第10回目を迎えました。第2回目から毎回演題提出と発表を行った努力賞?から…

めちゃめちゃたくさんの博学多才な先生方が勢ぞろいされております中で...業績皆無の浅学菲才の私が総合座長パネリストに御指名頂けました<(_ _)>。恐縮の極みの極みでございますが謹んで役職を行って参ります<(_ _)>。

2021-04-29 17:31:00

コメント(0)

折りたたむ

...最後のJAKツアーの講演が決まりました…。

昨年11月から奈良県エリア⇒本年3月に大阪市エリア⇒4月7日に北大阪エリア⇒4月24日に南大阪エリアと今回最後のJAKツアーの講演に行って参ります<(_ _)>。



急速に処方数が増加しておりますJAK阻害剤…中でも強力に効果を発揮するウパダシチニブについて25例の使用経験も含めて有効性 安全性についてお話しする予定です<(_ _)>。

2021-04-20 21:50:29

コメント(0)

折りたたむ

...康一郎先生の部屋にお招きいただき講演して参りました!

大阪刀根山医療センターの髙樋康一郎先生からJAK阻害剤についての講演のオファーを頂き『徹子の部屋』ならぬ『康一郎先生の部屋』にお招きいただきました(^ ^)/
  
会場内は感染予防が徹底されており、人数も制限されておりました。参加人数の少ない会かと思われましたが、オンデマンド配信され15名近い先生方に聴講頂けたそうです。ありがとうございました<(_ _)>
  
当院の多剤耐性の難治性関節リウマチ患者さんに絶大に効果を有するウパダシチニブ高齢で高活動関節リウマチ患者さんにも少量を早期導入にて著効した例を最新の文献を含めてお話して参りました。講演の詳細な内容を掲載したいのですが…外来多忙の為、時間に余裕が出ましたら掲載致します<(_ _)>。

2021-04-14 21:16:42

コメント(0)

折りたたむ

...4月7日(木)にリウマチ研究会にて講演が決定しました。

3月から立て続けでありますが、大阪刀根山医療センターリウマチ科の髙樋康一郎先生からJAK関連の講演のオファーを頂きましたので来週水曜に講演して参ります。
 
今回の題目が『-関節リウマチ診療に於けるJAK町医者最前線-』とややチョケた演題名でありますが、当町医者に多く来院される多剤耐性リウマチ患者様合併症を有した高リスク患者様に対する治療、副作用の対応法等についてお話しして参ります<(_ _)>。

2021-04-02 14:29:00

コメント(0)

折りたたむ

...令和3年度の学術活動更新致しました。

昨年はコロナ禍の為、学会発表や講演会は自粛しておりましたが、令和3年度以降はWEB研究会を中心に小規模ながら講演活動を行っております。今年度は3月までに4つ程行い、4月も第65回日本リウマチ学会も含めて3つ程講演発表の予定です。(http://www.touei-clinic.jp/original47.html
 
日常診療だけ没頭しておりますと新しい知識が入って来ませんし、患者様に安心で安全な医療を提供する為には臨床経験も当然ながら学術的な知識の獲得も必須です。講演発表を行う最大の理由は、発表をする度に様々な最新の文献を通して知識を得現在の診療と照らし合わせる事で当院の診療レベルの向上に繋がるとの考えからです。とは言え…発表の準備もそれなり大変であります(-_-;)。

2021-03-31 08:23:01

コメント(0)

折りたたむ

...第65回日本リウマチ学会総会・学術集会にて当院の演題が採用されました。

来月神戸で現地とオンデマンドのハイブリッド形式で開催されます第65回日本リウマチ学会総会・学術集会にて当院の演題が採用されました!最先端を行く関節リウマチ治療の中心的存在となりますJAK阻害剤についてWEB発表して参ります。
 
超多忙(-_-;)な外来診療の合間を縫って何とかスライドを作成中です。昨年と異なりオンデマンド配信用発表データ事前登録の〆切が来月の4月8日との事でまだ余裕があり(^^;)助かります。

2021-03-26 17:43:00

コメント(0)

折りたたむ

...早くも本年10月8日開催の日本骨粗鬆症学会の演題登録が開始…

まだ半年以上も先なのに、もう10月開催の日本骨粗鬆症学会の演題募集が開始となり〆切日が4月8日(T_T)。ネタ切れ状態では決してありませんが(^^;)、超多忙な外来診療の合間に骨密度や採血検査等のデータの抽出や統計解析業務がかなり負担となり…



しかし骨粗鬆症学会認定医としては日々研鑽を積まないと…(-_-;)。今年は骨粗鬆症診療領域における啓蒙的な症例報告を検討致します<(_ _)>。

2021-03-22 10:38:00

コメント(0)

折りたたむ

...Sarilumab Best Use Meetingにてディスカッサーとして参加して参りました!

当院でも多用しております即効性の抗IL-6受容体製剤サリルマブ(商品名ケブザラ®)を主体としたリウマチ研究会 Sarilumab Best Use Meetingにてディスカッサーとして参加して参りました。今回の私の参加したセッションのテーマは『IL-6阻害製剤の使いどころ~骨破壊の観点から~』でありました。メイン講演での大変御高名な織部元廣先生に貴重な御講演頂いた後に、時間通りにセッションが開始となりました。
  
座長の原良太先生からコメントの機会を頂き、骨破壊の観点からIL-6阻害の重要性について事前に用意したスライドを持ちいて御話しました。関節リウマチ患者さんの関節内にはTNFやIL-6といった炎症サイトカインが充満しており、これらのサイトカインに因り『破骨細胞を活性化させるRANKLを骨芽細胞から放出を強く促し骨破壊を起こすルート』と同サイトカインに因り『関節内の滑膜表層細胞からMMPというコラーゲンやプロテオグリカンといった関節軟骨成分を溶かす蛋白の放出を強く促し軟骨破壊を起こすルート』がある事を紹介。
 
これらの骨破壊、軟骨破壊の2つのルートを同時に速やかに抑止するのにTNFを優先に抑制するかIL-6を優先に抑制するかでディスカッションとなり、TNF製剤であるアダリムマブとIL-6製剤であるトシリズマブとを高解析度の骨密度測定CT(HR-pQCT)にて比較した文献を紹介。結果的にはIL-6製剤のトシリズマブがその抑止効果とそれ以上に骨破壊の修復効果が見られた(◎_◎;)結果を紹介。更に強力にIL-6の抑制効果を有するサリルマブvsアダリムマブを投与した369例の関節リウマチ患者の血清を用いて比較しましたところ…
  
軟骨破壊を起こすMMP3に加え、骨破壊 骨吸収を誘発促進するRANKLに於いても圧倒的有意にサリルマブが抑制効果を示しました。骨破壊 骨吸収抑止効果だけでは無く、骨形成マーカーでありますP1NP骨ホルモンと称される骨芽細胞促進因子のオステオカルシン RANKLをブロックする事で間接的に破骨細胞を抑止するオステオプロテゲリンまで作用し骨形成を有意に促進させる効果まで示されました。関節破壊抑止にはサリルマブ願ったり叶ったり製剤である事も御話しました。当院自験例としてサリルマブの著効例も紹介致しました。
  
当院で多用しておりますJAK阻害剤が関節リウマチ治療のリコメンデーションに於いて生物学製剤と同等の位置付けとなり、早期のJAK阻害剤の導入にて著効する患者さんが多数おられる一方でJAK阻害剤が効かなかった時に次の治療をどうすべきかは現段階ではっきりとしたコンセンサスが無い事が問題とされている事を紹介。この問題を解決する可能性の一つとしてサリルマブがJAK阻害剤無効例に対してスイッチ後に効果があったPROSARA studyを紹介しました。
 
ディスカッションパートはドンドン進み、様々な先生から明日の診療に繋がる貴重なコメントをたくさん頂きました。最後に治療効果も大事ですが生物学製剤とJAK阻害剤の長期の安全性についての討議がされました。一部のJAK阻害剤の長期のリスクについての報告があった事と、最新の知見でサリルマブを7年間の継続投与にて、メトトレキサートを含めた抗リウマチ薬+サリルマブ併用群 vs サリルマブ単剤群と比較したところシビアな副作用に於いてはサリルマブ単独群併用群半分以下となり、特に悪性腫瘍に関しては100人年当たり0.6で、7年間の悪性腫瘍の発生数が0.5%(◎_◎;)と相当低く同剤の安全性が示された結果であった事も報告しました。

熱い?ディスカッションが交わされあっという間に時間が来てしまい無事終了となりました。大変有意義な会であり、企画頂いたメーカー様には深謝致します<(_ _)>。

2021-03-17 08:25:00

コメント(0)

折りたたむ

...3月6日(土)にリウマチ研究会でWEB講演を行いました。

3月6日(土)に当院からオンデマンド配信にてWEB講演を行いました。土曜日は多くの新規患者さんが御来院される事が予測され開始の午後1時半に間に合うか(-_-;)かなり心配しておりました。関節注射が重なりますと午後2時や3時を過ぎる事もしばしばあり…
  
幸い多くのリウマチ患者さんが安定(^^;)されていた事もあり午後1時20分にギリギリ終了し、そのまま外来診療からスライドし白衣のままで講演となりました。冒頭で私のリウマチ診療の中での3大パラダイムシフトとして①関節リウマチの診療に於ける関節エコーの登場 ②トリアムシノロン関節注射による劇的な抗炎症効果 ③生物学製剤では制圧できなかった難治性リウマチ対するJAK阻害剤の登場を挙げました。
  
講演のオファーを受けた時点で38例が、講演時には40例以上JAK阻害剤を当院で投与している状況に比して…大変驚いた事に『日本リウマチ友の会 2020年リウマチ白書』では同会会員の方の生物学製剤使用率が51.2%に対し…JAK阻害剤の使用率!なんと(◎_◎;)たったの5.2%(T_T)生物学製剤の10分の1(-_-;) に留まっておりました。
   
また、処方されていない理由の半分近くが『主治医から勧められたことがない』であった事も紹介。既に5種類のJAK阻害剤が登場しているにも関わらず認知度の低さ(今回御聴講頂いた先生の中には使用経験の無い方もおられたとの事から)を改善すべくJAK阻害剤の効能と5種の製剤の守備範囲(抑制するサイトカイン)と使い分けについてお話しました。
  
当院にて多用しております(3月の時点で21例投与)選択的JAK1阻害剤でありますウパダシチニブについて『JAK1』だけを抑制する⇒1ヵ所しか抑制しない⇒効果が弱いと解釈される方もおられるとの事で、JAKは必ずJAK1/2/3/Tyk2の4つがそれぞれ2つペアで核転写因子(STAT)が結合細胞内に炎症シグナルを伝達する事からウパダシチニブの様にJAK1に対して特異的且つ強力に作用する事で核転写因子のペアリングが阻止され…
  
Vitro(細胞レベル研究)のデータ私見を含めウパダシチニブがペアリングの阻止率が高く、最も広範囲にサイトカインシグナルを抑制する可能性についてお話しました。この可能性を根拠とし当院の多剤耐性の難治性関節リウマチ患者さんの70%にタイトコントロール(深い寛解)が得られ低活動性を含めると90%(◎_◎;)に至った事もお話しました。今後は難治性例に対してのみウパダシチニブを投与するのでは無く、メトトレキサートに効果が無い早期の時点ウパダシチニブを少量(7.5㎎)投与する事が医療コスト的にも治療効果的にも期待できるのではと最新の知見と論文も含めてお話し無事時間内に終了しました。
  
講演終了後の質疑応答ではJAK阻害剤の使い分け肝排泄薬の為 肝障害発生時ウルソデオキシコール酸を用いた対策、帯状疱疹の少ないながらの発症頻度等 4~5つ?とかなり多くの御質問を頂けました(^_^)/少しでもJAKに興味を持って頂き明日のリウマチ診療の一助になる事を祈念し会は終了となりました<(_ _)>。

2021-03-10 18:35:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5